オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市に住む皆様へ 雨漏りで見積もりを依頼する前に確認すべきこと


2443761_s
雨漏りは急に発生することはあり、慌てて業者に雨漏り修理を依頼して失敗することはよくあります。 
ここでは、高島市に住む皆様をはじめ多くの地域の方へ雨漏り見積もりを依頼する前に確認すべことについて紹介します。

雨漏り見積もりを依頼する前に確認すべことについて

雨漏り見積もりを依頼する前に確認すべことには、雨漏りの状況、築年数や住宅の修理履歴、雨漏り修理以外の修理が必要な場合を想定するがあります。(屋根業者に伝えるためです)
雨漏りの原因をつかむためには、雨漏りが発生する際の状況を知る事は、重要です。
雨漏り見積もりを依頼する方は、業者に雨漏りが発生する際の状況を伝えることで、調査で雨漏りが再現しやすいので必ず確認するようにしてください。 

雨漏り見積もりを依頼する方は、雨漏りの量や時間に加え、雨漏りが発生する際の雨の強さや向きを確認して下さい。 
タスペーサー
タスペーサー
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)という法律があり、築後10年経過する前に雨漏りが発生し、施工不良が認められた場合、雨漏り見積もりを依頼する方の住宅を建設した業者に無料で雨漏りを修理してもらえることがあります。 
一方、過去に雨漏り見積もりを依頼する住宅に修理履歴がある場合、上手く修理ができていないことが原因で雨漏りが発生するとについて高島市に住む皆様をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 

雨漏り見積もりを依頼する方はご自分の住宅がどんな修理が行われてきたか、確認する必要があります。  
例えば、雨漏り見積もりを依頼する住宅がスレート屋根であれば、通常、塗り替えを行う際に縁切りという作業を行います。 

スレート屋根は屋根材であるスレートとスレートの間に隙間があり、雨水を排水させています。 
塗り替えでスレートとスレートが塗料によって張り付いて隙間が無くなると雨が屋根に溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあります。

縁切りには2つの方法があり、1つ目はスクレーパーを使ってスレートとスレートの隙間を作ります。 
2つ目は、塗り替えで下塗りをした状態で、タスペーサーをスレートとスレートの間に挿入して隙間を作ります。 
紹介した縁切りが上手く行われていないと、雨水が屋根に溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあります。
雨漏り見積もりを依頼する方は、部分的な雨漏り修理ではなく、広範囲に及ぶ大きな修理が必要なことを高島市に住む皆様をはじめ多くの地域の方に紹介します。 
例えば、雨漏り見積もりを依頼する住宅のスレートや瓦、金属といった屋根材が広範囲に破損していることが原因で雨漏りが発生している場合、屋根材を交換する大掛かりな修理になる可能性もあります。

瓦屋根には漆喰が使われていることがあり、漆喰は経年劣化で、剥がれ落ちることあります。 
漆喰が剥がれ落ちた部分から雨水が侵入することがあります。 
雨漏り見積もりを依頼する住宅の屋根には屋根材やルーフィングなどを支えている野地板があります。 

木製の野地板は、経年劣化や雨漏りによって腐食してしまうことがあります。 
野地板の修理は、屋根材やルーフィングなどを剥がしてから行う事になり、大掛かりな工事になります。

まとめ

ここでは高島市に住む皆様を含む、多くの地域の方へ雨漏り見積もりを依頼する前に確認すべことについて紹介しました。
雨漏り見積もりを依頼する前に確認すべことには、雨漏りの状況、築年数や住宅の修理履歴、雨漏り修理以外の修理が必要な場合を想定があるので、高島市に住む皆様をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 

雨漏りは急に発生することがあるので、紹介した内容を参考に慌てずに、業者に雨漏り修理を依頼して下さい。 

雨漏りが心配な方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181