オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市にお住の方必見、雨漏り葺き替え工事


1326168_s
雨漏りが発生している屋根は、雨水が侵入している箇所を調査してから、補修するのが一般的です。 
ただ、屋根材やルーフィングが広範囲に傷んで雨漏りが酷い場合、葺き替えを行うことがあります。 

高島市に住む方をはじめ、多くの方に雨漏り葺き替え工事について紹介します。

雨漏り葺き替え工事のメリットについて

アスファルトルーフィング
雨漏り葺き替え工事を行う大きなメリットは、住宅自体の耐用年数が伸びることです。  
既存の屋根材をはじめ、ルーフィング(防水紙)などを撤去してから、新しいものに交換するので、雨漏りを放置して傷んだ野地板の点検もできて、家自体の修繕も可能になります。 

雨水が住宅の野地板など構造部材にかかってしまうと、カビなどが発生することがあります。 
また雨水がかかった野地板など構造部材にはシロアリが発生することがあり、シロアリによって構造部材が腐食することで、住宅自体の耐震性が下がり、大きな地震によって住宅が倒壊する恐れがあります。 
雨漏り葺き替え工事を行う際には住宅の野地板など構造部材も点検して、必要に応じて修繕することをおすすめします。

古い住宅の場合、小さな野地板(バラ板)を沢山配置してある場合があります。  
雨漏り葺き替え工事で腐食した野地板は交換して、上から大きな野地板を被せる重ね張りを行う事で、住宅自体の強度を向上することが可能になります。 

一方、雨漏り葺き替え工事を行うことで、住宅全体のイメージを変えたり、耐震性を向上させたりできるメリットがあることを高島市に住む方をはじめ、多くの方に知って欲しいです。  
例えば、雨漏り葺き替え工事で瓦からスレートや金属製の屋根材に変えることで、屋根の色やデザインががらりと変わるので、住宅自体のイメージを大きく変えることが可能です。

また、瓦に比べ、スレートや金属製の屋根材は軽量なので、住宅自体の耐震性が向上し、大きな地震が発生しても安心です。

まとめ

高島市に住む方をはじめ、多くの方に雨漏り葺き替え工事について紹介しました。 
雨漏り葺き替え工事を行う大きなメリットは、住宅自体の耐用年数が伸びることです。 
雨漏り葺き替え工事では、既存の屋根材をはじめ、ルーフィング(防水紙)、などを撤去する時間や費用がかかる上、撤去したものを廃却するための費用もかかるデメリットがあります。(その場合はカバー工法という処分費のいらない工事方法もあります!)

雨漏りが心配な方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181