オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市の方へ、屋根の塗装か葺き替えで悩んでいる方必見!!


平面部完了
大津市の皆さん、今回は屋根を補修するにあたり塗装か葺き替えかどちらにするべきか
悩んでしまっている方にぜひお役立て頂けたらと思います。

屋根の劣化が気になり、補修しようとうる際にはこのような悩みはあると思います。
塗装と葺き替えは工事の内容が全く異なりかかる費用も大きく変わってきます。

屋根は雨漏りから住宅を守る大切な場所なので、補修方法を間違わないためにも
塗装と葺き替えの違いをしっかりと理解しておきましょう。

屋根の塗装と葺き替えのタイミング

塗装のタイミング

屋根を塗装するタイミングは以下の4つの時になります。

色褪せ
塗膜の剥がれ
カビやコケの発生
前回の塗装から10年

そぞれのタイミングについて詳しく解説していきます。

■色褪せ
屋根の色が褪せてきたら、塗膜が劣化している状態なので塗装するタイミングです。
色褪せしたからといってすぐに雨漏りしたり屋根が腐食したりする事はありません。
しかし少しでも劣化を防ぐ為には、早めに塗装してメンテナンスするようにしましょう。

■塗膜の剥がれ
塗膜の剥がれは経年劣化によって起こります。
経年劣化によって屋根の塗装が剥がれている場合、防水機能が低下して屋根材が腐食してしまいます。
屋根の強度を高めるためにも早めの塗装が必要です。

■カビやコケの発生
カビやコケが発生した場合、高圧洗浄で除去できない部分は塗装が必要となります。
カビやコケを放置していると塗膜が剥がれて防水機能が低下してしまうため
早めにメンテナンスする事をオススメします。

■前回の塗装から10年後
前回の工事から10年が経過する頃に、再度屋根を塗装する必要があります。
種類によって異なりますが塗料の耐用年数はおよそ10年ほどです。
耐用年数が過ぎると、塗膜の剥がれや防水機能の低下などが起きるため
早めに塗装しなければなりません。

葺き替えのタイミング

屋根をふき替えるタイミングは以下の5つの時になります。

屋根の破損
屋根のくずれ
屋根の腐食
雨漏り
耐用年数を迎えたら

それぞれのタイミングについて詳しく解説していきます。

■屋根の破損
屋根が破損している場合、塗装では補修できないため葺き替える事になります。
屋根が破損していると雨漏りしたり、破片が飛んで事故につながったりします。
早めに補修するようにしましょう。

■屋根のくずれ
屋根のくずれは塗装では補修できないため、葺き替えして新しい屋根材を設置します。
屋根のいずれも雨漏りや事故を引き起こす可能性があるため、早めに葺き替えるようにしましょう。

■屋根の腐食
雨やカビなどによって屋根が腐食している場合、下地も破損している可能性があるため
葺き替えによって補修するようになります。
特に金属製の屋根は錆びやすいため腐食に注意しなければいけません。

■耐用年数を迎えたら
設置している屋根材の耐用年数を迎えたら葺き替えて新しい屋根にします。

・日本瓦           50年以上
・スレート          20年前後
・アスファルトシングル    20~30年
・ガルバリウム鋼板      30年前後
・トタン           10~20年


まとめ

今回は屋根の塗装か葺き替えかどちらか悩んでいる方へそれぞれのタイミングについて
ご紹介しました。
まず塗装か葺き替えか悩んでしまった際は、業者に相談してみましょう。

屋根の破損や劣化の状態は、ご自身では判断しにくいものです。
破損の状態を悪化させないためにも補修方法はプロに判断してもらうようにしましょう。

大津市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181