オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様へ 外壁塗装を行う際のポイント


3684739_s-1
住宅の外壁には、砂とセメントと水が主成分のモルタルやボード状のサイディング、金属のトタンなどがありますが、塗料を塗る事で保護されています。 
塗料は経年劣化によって、見た目や保護機能が失われていきますので、定期的な外壁塗装が必要になります。 

ここでは外壁塗装を行う際のポイントについて高島市をはじめ多くの地域の方に紹介します。

外壁塗装のポイント①:外壁塗装を行うタイミング

外壁塗装を行いたいがいつやったらいいの?と疑問に思う方も少なくありません。 
外壁塗装のタイミングは、新築から10年程度経過してからといわれていますが、住宅が建っている環境によって異なるので、外壁に発生した劣化症状により判断します。 

例えば、モルタルの場合は、塗料の劣化により発生するヘアクラック(細いひび)や塗装の表面に黒板に字などを書くチョークの粉なようなものが付着するチョーキング現象が発生したら、外壁塗装を行うタイミングであることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 

サイディングはモルタルと同様にヘアクラックやチョーキング現象が発生したら、外壁塗装を行うタイミングです。 
更に、サイディングとサイディングの接合部や目地にひび割れが発生したら、外壁塗装を行うタイミングです。 
金属のトタンなどは、チョーキング現象やサビが発生したら外壁塗装を行うタイミングであることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。

外壁塗装のポイント②:塗料選びについて

外壁塗装で行う塗料には、アクリル系をはじめ、ウレタン系、シリコン系、ふっ素系があり、耐用年数や特徴が異なることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。
アクリル系塗料の耐用年数は他の塗料と比較すると6~7年と短くなっていますが、価格が安い特徴があることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 
更に他の塗料と比べ、耐久性や防汚性についても劣るため、屋根や外壁塗装に使われることも少なくなりました。 

ただ、発色が良かったり、豊富なカラーバリエーションがあったりして扱いやすいため、安価な費用で外壁塗装などを行いたい人におすすめです。
ウレタン系塗料の耐用年数は8~10年となっており、アクリル系塗料と比較して、優れた耐久性能を発揮しながら比較的安価なので、コストパフォーマンスが良い塗料であることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 

紫外線に弱く変色しやすいですが、塗膜が柔らかいので、ひび割れにくい特徴も持っており、外壁塗装に使われることはあります。
シリコン系塗料の耐用年数は12~15年となっており、汚れや色落ち、カビ、藻に対して強く、外壁塗装などによく使われています。
シリコン系塗料は、アクリル系塗料やウレタン系塗料と比較して高価な面はありますが、耐久年数も長くなるため、ランニングコストを抑えられるメリットがあることを、高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。
ふっ素系塗料の耐用年数は15~20年となっており、優れた耐久性や防汚性を発揮する上、高級感がある仕上がりが特徴であることについて、高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。
耐用年数が長いため、塗り替え頻度を減らすことがでいるので、商業施設やビルなどの外壁塗装に使われることが多いです。

他の塗料と比較して、美しさが持続する期間が長いため、高価でも品質重視な方や塗り替え頻度を減らしランニングコストを抑えたい方におすすめです。

まとめ

外壁塗装のタイミングは外壁に発生した劣化症状により判断します。 
外壁塗装にヘアクラック(細いひび)やチョーキング現象、サビなどが発生したら、外壁塗装を行うタイミングであることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 

外壁塗装で行う塗料には、安価なアクリル系をはじめ、コストパフォーマンスに優れるウレタン系、汚れや色落ち、カビ、藻に対して強いシリコン系、優れた耐久性や防汚性を発揮するふっ素系があり、耐用年数や特徴が異なることについて高島市をはじめ多くの地域の方に知って欲しいです。 

外壁塗装に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181