オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市のみなさまへ 屋根塗装が必要な理由


578406_s-2-1
近くの家が屋根塗装を行っていたり、業者が家にやってきて屋根塗装を勧めてきたりすると、自分の家も屋根塗装しなければいけないの?と思う方もいるかもしれません。 
ただ、不安だというだけで、必要がない屋根塗装を行っても無意味なので屋根塗装が必要な訳について高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介します。

屋根塗装が必要な訳について

屋根に使われている屋根材に塗料が塗られていることがり、屋根材を保護したり、見た目を良くしたりしています。 
この塗料が経年劣化すると屋根材を保護できなくなるので、屋根塗装が必要になります。 
ただ、屋根には色々な屋根材が使われており、最初から塗料が塗られている屋根材と塗料が塗られていない屋根材があります。 

そもそも、屋根材が塗られていない陶器瓦には定期的な屋根塗装が必要ないことを、高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。 
陶器瓦には粘土を練って成形して焼き上げてある屋根材と粘土を練って成形して釉を塗ってから焼き上げる屋根材があり、双方は屋根塗装しなくても50年以上の耐久年数があるといわれています。 

一方、屋根塗装が必要だといわれる屋根材には、スレートをはじめ、セメント瓦、コンクリート瓦、トタンやガルバリウム鋼板などがあります。 
これらの屋根材は、劣化に応じて屋根塗装を行い、屋根材を保護したり、見た目を良くしたりしなければならないことを、高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。

屋根塗装を怠るとどうなる?

屋根塗装は行わなければならないといわれているのはなぜでしょうか? 
屋根塗装を怠ると、屋根材に色々な不具合が発生するので高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介します。 
例えば、スレートはセメントと繊維が主成分なので、防水機能は無く、塗料を塗る事で雨水が浸透しないようにしています。 

もし、塗料が経年劣化して防水機能が無くなると、雨水がスレート内に浸透することになります。 
浸透した雨水が、寒くなると凍って膨張し、日光によって暖められると融解し、だんだんスレートもろくなることで、ひび割れが発生することがあります。 

ひび割れが発生したスレートは風で煽られやすくなり、最悪、強風によって屋根から脱落してしまうことがあります。 
スレートが脱落することで、下に敷いてあるルーフィングの劣化が進行し、穴あきが発生し雨漏りが発生することを高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

一方、トタンやガルバリウム鋼板など金属製の屋根材に塗られている塗装が、経年劣化したり、飛来物が衝突し剥がれたりすると、屋根材にサビが発生することがあります。 
サビが進行すると穴あきが発生し、雨漏りの原因になることを高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。

屋根塗装のタイミングはいつなの?

屋根塗装は7年~10年程度おきに行わなければならないといわれています。 
ただ、家が建っている環境によっては、もっと早く行わなければならない場合があります。 
屋根塗装が行わなければならないタイミングは、塗料の劣化具合によって決定することを高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

屋根材に塗られた塗料が経年劣化することで、まず、色褪せが発生して艶が無くなります。 
色褪せだけであれば、すぐに屋根塗装が必要になる訳ではありませんが、見た目を気にする方は、屋根塗装を行っても良いかもしれません。 

色褪せが進行するとチョーキング現象が発生することを高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介します。 
チョーキング現象では、黒板に字などを書くチョークの粉のようなものが、屋根材の塗装面に発生します。 
チョーキング現象が発生すると、塗料の防水機能などが失われているので、屋根塗装のタイミングとなっています。 

屋根塗装のタイミングを知るためには屋根に上って点検する必要がありますが、高所作業となることがあるので、専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

屋根塗装が必要な訳について高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介しました。 
屋根塗装を怠ると、雨漏りなど色々な不具合の原因になりますが、必要がない屋根塗装は行わないようにして下さい。 

チョーキング現象が発生すると屋根塗装が行わなければならないタイミングであることを高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。

お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181