オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高島市のみなさまへ 屋根工事で知っておきたいポイント


4084311_s
日本には四季があることを誰も知っていることですが、夏は厳しい日差しが屋根に降り注ぎ、冬は屋根に雪が積もるので、屋根にとっては過酷な環境であることは確かです。 
この過酷な環境の中で、経年劣化などで屋根工事が必要になる時期が必ずやってきます。

ここでは屋根工事で知っておきたいポイントについて高島市をはじめ多くの方に紹介します。

屋根工事で知っておきたいポイントについて

屋根工事では、屋根材の種類や修理方法が知っておきたいポイントなので、高島市をはじめ多くの方に紹介します。
屋根材の種類の種類は多いので、自分の家がどんな屋根材を使っているのかご存じでない方も少なくありません。  
自分の家に使われている屋根の種類を知ることで、屋根工事で業者と話しやすくなります。
屋根材は大きく分けて5種類程度に分かれていますので、高島市をはじめ多くの方に紹介します。 

スレートは、セメントが主成分の平べったい薄い板です。 
スレートは、コロニアルやカラーベストとも呼ばれており、軽く価格がお手頃で種類も豊富な屋根材なので屋根工事でよく使われています。 

陶器瓦は、粘土を成形して高温で焼き上げた屋根材で、50年以上の耐用年数もあります。  
日本では昔から使われている陶器瓦ですが、最近では少なくなっています。  
金属屋根は、トタンやガルバリウム鋼板といった金属を成形した屋根材です。 

トタンは軽く安価なため昔はよく使われていますが、現在では耐用年数が長いガルバリウム鋼板を登場して人気となり、屋根工事でよく使われています。 
セメントが主成分のセメント瓦は、陶器瓦と比べて安価なので普及してきましたが、現在ではあまり使われていない屋根材です。 

アスファルトシングルはガラス繊維にアスファルトを染み込ませた屋根材です。 
北米を中心に普及した屋根材なので日本ではあまり使われていませんが軽量で施工が簡単なことについて高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。
屋根工事で行う修理方法は大きく分けて、部分修理とリフォームがあることについて、高島市をはじめ多くの方に紹介します。 
屋根工事で行う部分修理とは屋根の一部を修理する屋根工事のことで、屋根の傷みに応じて最小限の費用で屋根を直したい場合に行われます。 

例えば、屋根工事で防水テープやシーリング材を使った修理に加え、一部分の屋根材を交換したり、差し替えを行ったりする修理は部分修理と呼ばれることがあります。 
屋根工事で行うリフォームには、多く分けて葺き替えとカバー工法があることを高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

葺き替えでは、屋根材以外に、状況によって野地板やルーフィング(防水紙)も交換する屋根工事です。 
葺き替えは、屋根全体が老朽化して、雨漏りが多発している場合に行われる屋根工事です。 
カバー工法では、既存の屋根材の上から新しい屋根材やルーフィングを被せる屋根工事です。 

カバー工法は既存の屋根材や野地板、ルーフィングを取り外して廃却する必要がないので、取り外す手間や廃却費用がかからないメリットがある屋根工事であることを高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 
ただ、既存の屋根材などを取り外さないで新しく屋根材を被せるため、屋根自体の重量が増すので、家の耐震性が低下するデメリットもある屋根工事です。

そのため、新しい屋根材には金属製のガルバリウム鋼板などが使われることが多いことについて高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。

まとめ

屋根工事で知っておきたいポイントについて紹介しました。 
屋根材は大きく分けてスレート、陶器瓦、金属、セメント瓦、アスファルトシングルの5種類程度に分かれています 。
屋根工事で行う修理方法は大きく分けて、部分修理とリフォームがあることについて、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181