オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様へ 火災保険を使った屋根修理の方法について


3393953_s
住宅を購入する際に加入する火災保険を利用して屋根の修理ができる場合があることをご存じでしょうか? 
火災保険は火事による補償だけだと考えがちですが、台風など風災被害の補償も付いている場合が多いので確認して下さい。
ここでは、火災保険を使った屋根修理の方法について高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介します。

保険の申請に使う資料について

屋根修理で必要な保険の申請に使う資料は、保険金請求書、修理見積書、被災個所の写真などとなっています。 
修理見積書や被災個所の写真は屋根修理会社が用意することになっています。 
保険金請求書は、日付をはじめ、名前、住所、振込先などを記入欄がありますが、特に難しいことはなく、簡単に記入して提出することが可能なことを高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

ただ、保険金請求書に加え、被災した屋根の部位を示す事故状況説明書の提出を求めてくる保険会社もあります。 
事故状況説明書には、屋根の形状をイラストなどで描き、被災した部位を矢印で示します。

屋根修理で使う保険金をうまく受け取るためのポイントについて

屋根修理で使う保険金を受け取るためには、資料を早く請求する、自分で申請を行うがあることを高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介します。
屋根修理が必要な被災だと分かったら、屋根修理業者を探して屋根修理を依頼するより先に保険会社に連絡して資料を早く請求することが重要なことを、高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。 
台風など大きな災害が発生した場合、多くの被災者による保険会社への問い合わせが集中するため、保険請求に必要な資料が届くまで1か月程度かかることがあります。  

屋根修理会社よる見積書や写真を入手してから保険会社に資料を請求すると時間的なロスが大きいと感じます。
保険の申請と聞くと、手続きが難しく感じ自分には無理だと感じる方も少なくありません。 
インターネットで検索すると、あたかも保険の申請は難しいため、プロに任せた方がよいなどといった内容が書かれたホームページがありますが、そんなことは決してありません。 

被災状況が分かる写真と請求額に妥当性があれば、保険会社が支払を拒むことは殆どないことを高島市の皆様をはじめ多くの方に知って欲しいです。
請求額に妥当性があれば、保険会社が支払を拒むことは殆どありません。

また、マッチングサイトや火災保険申請代行といった仲介業務を行う会社に依頼してしまうと、中間マージンが発生することになり、請求額が高くなってしまい、保険会社に怪しまれてしまう可能性があります。

まとめ

火災保険を使った屋根修理の方法について高島市の皆様をはじめ多くの方に紹介しました。 
屋根修理で使う保険の申請に使う保険金請求書は、屋根修理業者を探して屋根修理を依頼するより先に保険会社に連絡して資料を早く請求することが重要です。 

被災状況が分かる写真と請求額に妥当性があれば、保険会社が支払を拒むことは殆どないです。 
屋根修理は中間マージンが発生しない専門業者に直接依頼することをおすすめします。 

屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。  
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181