オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島のみなさん、屋根の雨漏りを防ぐ方法について


632801_s
日本は雨が多く、雨漏りに関しては誰もが心配する屋根の不具合です。 
雨漏りは、単に構造部材や内装に悪影響があるだけではなく、カビやシロアリなどの発生原因になる深刻な不具合となっています。 

屋根の雨漏りを防ぐ方法についてはあまり知られていないので紹介します。

屋根の雨漏りを防ぐ方法には防水と雨仕舞いがある

屋根の雨漏りを防ぐ方法には防水と雨仕舞いがあるので紹介します。 
屋根の雨漏りを防ぐ防水は、建材や防水紙の防水機能によって雨水などの侵入を防ぐことです。 
例えば、防水機能があるスレートや金属製の屋根材によって、屋根に降った雨水を受けた後、屋根材の下に敷いた防水紙によって、屋根の内部に侵入しないようにしています。 

一方、雨仕舞いは、屋根などに雨水を残さないでしっかり排水することです。 
屋根などに雨水が残っていると雨漏りの原因になるので、雨水が流れる道筋などを作ってスムーズに排水できるように工夫します。

屋根の雨漏りを防ぐ雨仕舞いについて

雨仕舞いが特に必要なのが取り合いといわれる屋根の部位です。 
取り合いは異なる建材が結合する部位で、例えば、2階の壁と1階の屋根の結合部などのことです。 
雨仕舞いでは、ガルバリウム鋼板などの金属でできた水切り金具や防水紙、シーリング材を使います。 

雨仕舞いでは水切り金具を配置した後に、その下に防水紙を貼り付け、水切り金具と防水紙の隙間から雨水が入らないようにシーリング材を充填。 
具体的は、スレート屋根などには棟板金、ケラバ部分や軒先などにも水切り金具を配置することで、雨仕舞いが行われています。

雨仕舞いを行うことで注意したいことについて

スレート屋根などの頂点に配置した棟板金は、釘で貫板に固定されています。 
金属製の棟板金は、日光によって暖められたり、北風などによって冷やされたりして膨張や収縮を繰り返すうちに、釘が押し出されてしまうことがあります。 

釘が押し出されて、風に煽られやすくなった棟板金が、台風などの強雨によって飛ばされてしまうことがあります。 
飛ばされた棟板金が、人や物に危害を加える可能性があるので注意が必要です。 
抜け出した釘は再度打ち込んで、シーリング材を充填して雨水を侵入しないようにします。 

屋根の谷の部分に配置する谷樋は、経年劣化によって穴が開いたり、周辺に配置した防水紙が裂けたりすることがあるので注意が必要です。 
劣化した谷樋や防水紙は交換することで、雨仕舞いをしっかり行うようにします。  
屋根と外壁の取り合いには、シーリング材を充填し、防水紙を配置することで雨仕舞いを行うことがあります。 

経年劣化したシーリング材が切れたり、防水紙に穴あきが発生したりすることがあるので、シーリング材を打ち直したり、防水紙は交換することで修理して、雨仕舞いをしっかり行うようにします。 
紹介したように雨仕舞いで使われている水切り金具や防水紙、シーリング材は経年劣化によって機能低下した場合、交換などを行う必要があります。 

水切り金具や防水紙、シーリング材の劣化は、遠目で眺めても、なかなか発見することは困難なので、専門業者に頼んで定期的に屋根の点検を行って下さい。

まとめ

屋根の雨漏りを防ぐ方法について紹介しました。 
屋根の雨漏りを防ぐ防水は、雨水などの侵入を防ぐことで、雨仕舞は屋根などに雨水を残さないでしっかり排水することです。 
雨仕舞いでは、ガルバリウム鋼板などの金属でできた水切り金具、防水紙、シーリング材を使います。
 
雨仕舞いでは水切り金具を配置した後に、その下に防水紙を貼り付け、水切り金具と防水紙の隙間から雨水が入らないようにシーリング材を充填します。
水切り金具や防水紙、シーリング材の劣化を発見するために、専門業者に頼んで定期的に屋根の点検を行って下さい。  

屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181