オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様、冬に行う屋根の塗り替え


2558556_s
冬に屋根の塗り替えは行わないといわれているのはなぜでしょうか? 
冬には気温などの関係で塗り替えに向かない日はありますが、全ての地域の全ての日が塗り替えに向かない訳ではありません。 

ここでは冬に屋根の塗り替えを行うメリットやデメリットについて紹介します。

冬に屋根の塗り替えを行うメリットについて

冬に屋根の塗り替えを行うメリットがない訳ではありません。 
ここでは、冬に屋根の塗り替えには、晴れの日が多い、湿度が低いといったメリットがあるので紹介します。
日本は雨の日が多いことはよく知られてしますが、夏は気温が高く塗料も乾きやすいメリットがある反面、雨の日も多いというデメリットがあります。 
雨の日が多いと、施工スケジュールが遅れてしまい、会社全体の施工スケジュールもズレてしまいます。 

一方、冬は晴れの日が多いことを知られており、夏より気温は低いですが、晴れの日が続くので、施工スケジュール通りに行えるメリットは大きいです。
塗料の硬化時間に影響する要素は、先ほど紹介した気温の他に、湿度、風があります。 
一般的に、85%以上の湿度の日は塗装が行えないといわれていますが、12~2月にかけて湿度が50%の日が続くので、塗り替えに向いた日が多いということです。 

このように、冬は乾燥した日が多いため、塗料が硬化し易いメリットがあります。

冬に屋根の塗り替えを行うデメリットについて

冬に屋根の塗り替えを行うデメリットが多い事は確かです。 
ここでは、冬に屋根の塗り替えは、霜や夜露の影響がある、硬化時間が長くなるといったデメリットがあるので紹介します。
冬は晴れの日が多い半面、霜や夜露によって、屋根が濡れてしまうというデメリットがあります。  
例えば、せっかく塗装した屋根であっても、霜や夜露によって濡れてしまうと、硬化させるまで長い時間がかかってしまうデメリットです。 

更に、濡れた屋根では、安全な塗り替え作業が行えないデメリットもあります。 
完全に塗料が乾かないうちに中塗り、上塗りを行っても、塗料の耐用年数を短くしてしまう可能があります。
冬は乾燥した日が多いため塗料が硬化し易い半面、日照時間が短くなり、日射量が少ないなるため、硬化時間が長くなるデメリットがあります。 
塗料には乾燥時間が設けられているため、硬化時間が長くなることは適切ではありません。

冬に屋根の塗り替えで注意すべきこと

霜や夜露で濡れてしまった屋根には塗料を塗る事ができないので、乾燥するまでの時間を施工スケジュールに入れることが重要です。 
例えば、塗料が硬化する時間に加え、霜や夜露で濡れた屋根が乾燥するまでの時間をプラスする必要があるので注意したいです。 

また、気温が5℃以下では塗り替えを行えないといわれているので、厳守する必要があります。 
このようなことから、塗料が早く硬化する夏と比べて、冬は施工スケジュールを3~4日多くとる必要がありますが、決して、全ての地域で冬の塗り替えができないという訳ではありません。

まとめ

冬に屋根の塗り替えを行うメリットやデメリットについて紹介しました。 
冬に屋根の塗り替えは、晴れの日が多い、湿度が低いといったメリットがある反面、霜や夜露の影響がある、硬化時間が長くなるといったデメリットがあります。 

 冬に屋根の塗り替えを行う場合、塗料が硬化する時間に加え、霜や夜露で濡れた屋根が乾燥するまでの時間をプラスする必要があります。 
 塗料が早く乾く夏と比べて、冬は施工スケジュールを3~4日多くとる必要があります。 

このようなことから、全ての地域で冬の屋根の塗り替えができないという訳ではありません。 

高島市以外の方でも屋根の塗り替えを考えている方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181