オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へスレート屋根に発生するひび割れの修理方法について


2871158_s-2
スレート屋根は、使われているスレートが比較的安価な上、軽くデザインも豊富なため、普及してきました。 
メリットが多いスレート屋根ですが、定期的に塗り替えを行ってメンテナンスを行っていても、耐用年数が近づくと、ひび割れが発生することはご存じでしょうか? 

ここではスレート屋根に発生するひび割れの修理方法について紹介します。

スレート屋根にひび割れが発生する訳について

スレ―ト屋根で使われている屋根材の多くは、セメントに繊維素材を混合させて薄い板状に成形したもので、化粧スレートと呼ばれるものです。 
化粧スレートそのものに、防水機能はありませんので、塗料が塗られています。 

化粧スレートに塗られている塗料は、経年劣化によって防水機能が失われていき、化粧スレート雨水が浸透しはじめます。 
浸透した雨水が低温になると凍結して膨張したり、高温になると融解したりすることで、化粧スレートがもろくなり、やがてひび割れが発生します。 

また、雨水が浸透した化粧スレートの表面だけが乾燥することで、反りが発生することもあります。 
化粧スレートにひび割れが発生したからといって、すぐに雨漏りが発生することはないので安心して下さい。
ただ、ひび割れが発生した化粧スレートは強風で煽られやすく、飛ばされてしまうことがあります。 

化粧スレートが強風で飛ばされてしまうと、下に配置されているルーフィング(防水紙)が露出するようになります。 
露出したルーフィングは雨や風、日光に晒されるようになるので、劣化の進行が早まり、穴あきなどが発生し雨漏りの原因になります。 

また、飛ばされた化粧スレートが人や物に危害を加える可能性があるので、注意が必要です。 
スレートの小さなひび割れであっても放置することで、様々な問題が発生するので、早急に修理が必要です。

スレート屋根に発生したひび割れの修理方法や塗り替えについて

スレート屋根に発生したひび割れは遠目で見ても、なかなか発見できないことがあります。 
定期的に専門業者に屋根の点検を依頼して、スレートに発生したひび割れを発見するようにして下さい。  
スレートに発生したひび割れが発見できたら、高圧洗浄などを行い表面に付着したゴミや汚れを除去します。 

ひび割れに補修材を充填して、ヘラなどでならすことで、ひび割れの奥まで補修材を入れ込みます。  
スレートにひび割れが発生している場合、スレートに塗られている塗料は、経年劣化によって防水機能が低下している場合があります。 

部分的なひび割れであっても、これ以上、他のスレートにひび割れが発生しないように、スレート屋根全体の塗り替えをおすすめします。 
スレート屋根の塗り替えでは、まず、高圧洗浄などを行い表面に付着したゴミや汚れを除去します。 

次に、下塗りとしてローラーなどを使い、下塗材をスレートに塗って、中塗りの塗料がしっかり塗れるようにします。 
下塗りが完了したら、スレートとスレートが塗料で固着しないようにタスペーサーを挿入します。 
中塗りした後乾燥させ、最後に上塗りして乾燥させれば完成です。

まとめ

スレート屋根に発生するひび割れの修理方法について紹介しました。 
スレートに発生したひび割れは、高圧洗浄などを行い表面に付着したゴミや汚れを除去します。 
ひび割れに補修材を充填して、ヘラなどでならすことで、ひび割れの奥まで補修材を入れ込みます。 

スレートにひび割れが発生している場合、経年劣化によって塗料の防水機能が低下している場合があるので、塗り替えを行ったほうがいいです。
塗り替えでは、下塗りとして下塗材をスレートに塗って、タスペーサーを挿入し、中塗りした後乾燥させ、最後に上塗りして乾燥させれば完成です。 

スレートの小さなひび割れであっても放置することで、様々な問題が発生するので、早急に修理が必要です。 

スレート屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181