オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の皆様ルーフィング(防水紙)の選び方について


3473320_s-1
ルーフィング(防水紙)と聞いても屋根に使われている下地材だと分かる方は少ないと思います。 
屋根は屋根材とルーフィング(防水紙)があることで、雨水の侵入を防いでいます。 
屋根材は屋根の表面に配置し、見た目にもかかわるためこだわる方は多いですがルーフィングにこだわる方は少ないかもしれません。 

ただ、ルーフィングは雨漏りを防ぐ重要な下地材なので、ルーフィングの選び方について紹介します。

ルーフィング(防水紙)とは?

ルーフィング(防水紙)は屋根材と野地板などの間に配置して、雨水を屋根の内部に侵入することを防いでいます。 
ルーフィングには大きく分けてアスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィングがあるので紹介します。
アスファルトルーフィングは、フェルトを基材にしており、アスファルトを染み込ませています。 
アスファルトルーフィングは価格が安いので、建売りの住宅に使われることがあります。
改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)はフェルトを基材にしており、アスファルトやゴム、合成樹脂を加えています。 
改質アスファルトルーフィングは優れた耐久性を発揮する上、温度変化に対しても柔軟に対応できます。 

更に、伸びへの追従性や収縮性も高いため、作業しやすいルーフィングでもあります。

アスファルトルーフィング(防水紙)の固定方法について

アスファルトルーフィング(防水紙)の固定方法には、タッカー留めと粘着式があります。 
タッカー留めは、大きなホッチキスのような形のタッカーの針を使ってアスファルトルーフィング(防水紙)を野地板などに固定する方法です。
粘着式は、改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)の裏に粘着層があり、野地板にそのまま貼り付けることができます。

アスファルトルーフィング(防水紙)の選び方について

アスファルトルーフィングの固定方法は、タッカー留めのみとなっています。 
タッカー留めの場合、アスファルトルーフィングに小さな穴が開いてしまうので、雨の侵入経路になってしまう可能性がある上、穴から劣化が進行する場合もあります。 

改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)には、タッカー留めや粘着式に対応するものがあります。 
穴を空けずに固定できる改質アスファルトルーフィングは、耐久性が高いです。 
収縮性がある改質アスファルトルーフィングはタッカー留めでも、タッカーの穴が最小限の大きさで済むメリットがあります。 

このようなことから、粘着式の改質アスファルトルーフィングをおすすめします。 
改質アスファルトルーフィングは比較的安価で発売されている上、耐用年数が約20年前後です。 
例えば、ガルバリウム鋼板より耐用年数が長いSGLを屋根材に選ぶ場合は、できるだけ寿命が長く、粘着式の改質アスファルトルーフィングを使う事によって、ランニングコストを最小限に抑えることが可能です。  

新しく住宅を建てたり、葺き替えたりする場合は、屋根材の耐用年数を考えてから、ルーフィング(防水紙)を選んだほうがよいでしょう。

まとめ

ルーフィングの選び方について紹介しました。 
アスファルトルーフィングをタッカー留めする場合、小さな穴が開いてしまうので、雨の侵入経路になってしまう可能性がある上、穴から劣化が進行する場合もあります。

粘着層や収縮性がある改質アスファルトルーフィングは、そのまま貼り付けることができたり、タッカーの穴が最小限の大きさで済んだりするメリットがあります。
このようなことから、新しく住宅を建てたり、葺き替えたりする場合は、屋根材の耐用年数を考えてから、ルーフィング(防水紙)を選んだほうがよいでしょう。 

ルーフィングに心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181