オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様へ瓦屋根の台風対策について


1168378_s-1
高島市の皆様、近年日本へ襲来する台風が増えていると感じませんか?
台風によって日本各地に甚大な被害が発生しているのは顕著ですね。
新築であっても勢力が大きい台風に対しては、屋根の台風対策が必要だといわれています。
屋根材の種類によっては屋根の台風対策の方法が異なるので高島市をはじめ多くの方に紹介します。
関連ページ:台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

新築でも屋根の台風対策が必要な理由

台風被害棟破損
昔から日本に台風がよく襲来することは誰も知っているため、現在の住宅は台風に対して強くなっています。
ただ、屋根は上から吹く風には強く、下から吹く風に弱い傾向があるため、飛来物が当たって家のガラスが割れて、室内に吹き込んだ風が下から屋根を突き上げて飛ばしてしまうことがあるのです。 


そのため、台風が襲来する前に、雨戸をしっかり締めて窓ガラスが割れないようして、屋根の台風対策を行う必要があります。 
雨戸がない窓には、飛来物が当たらないように防護ネットを窓の前に配置したり、窓に板を配置したりして屋根の台風対策を行う必要があるので、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。

経年劣化した屋根の台風対策が必要な訳について

経年劣化によって、棟板金の浮き、瓦のズレや割れ、棟瓦の漆喰の劣化、スレートの反りやひび割れが発生した屋根は、強風に対して弱くなっている場合があり、屋根の台風対策が必要なので高島市をはじめ多くの方に紹介します。
棟板金は、スレート屋根や金属屋根の頂点などに設置してある金属の板を成形したもので、屋根の台風対策が必要な場合があるので、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 
棟板金は、通常、屋根に配置されている貫板に釘を使って固定されています。 

ただ、金属製の棟板金が太陽の熱で暖められたり、冷たい風で冷やされたりして、膨張や収縮を繰り返すうちに、打ち付けた釘が押し出されてゆるんでしまうことがあります。 
釘がゆるんだ棟板金が台風の強風に煽られてしまうことで、変形し最悪吹き飛んでしまうことがあるので屋根の台風対策が必要です。 

押し出された釘を再度ハンマーなどで打ち込んで、釘の上からコーキング材を充填するといった屋根の台風対策を専門業者に依頼して下さい。 
風によって変形してしまった棟板金は、新しい棟板金に交換し、貫板が腐食していたら、腐食に強いプラスチック製の貫板に交換して屋根の台風対策を実施します。
屋根に配置された瓦に積もった雪が凍りになって落ちたり、飛来物が当たったりした場合、瓦のズレや割れが発生することがあることについて高島市をはじめ多くの方に紹介します。 
瓦がズレたり、割れたりすることでできた隙間に、台風などの強風が吹きこむことで、瓦が吹き飛んでしまうことがあり、屋根の台風対策が必要です。 

定期的に専門業者に屋根の点検を依頼して、ズレた瓦や割れた瓦を発見し、瓦の交換修理などといいた屋根の台風対策を実施して下さい。
漆喰は住宅の壁に使われていることは知られていますが、瓦と瓦の隙間を埋めたり、瓦と瓦を接着したりするために使われることについて高島市をはじめ多くの方に紹介します。 
棟瓦には漆喰が使われており、経年劣化で漆喰が剥がれ落ちることで、棟瓦が台風などの風によって飛びやすくなることについて高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

棟瓦の漆喰の劣化については、専門業者に依頼して棟瓦の積み直しや漆喰の詰め直しなどを行い屋根の台風対策を実施して下さい。
スレート屋根のスレートに塗られている塗料が経年劣化することで、雨水が浸透するようになることについて高島市をはじめ多くの方に紹介します。 
雨水が浸透したスレートの表面だけが温められて乾燥することで反りが発生します。 

スレートが反ることでできた隙間に強風を吹き込むことで、飛ばされやすくなるので、部分的なスレートの交換や葺き替えによって屋根の台風対策を実施して下さい。 
一方、寒冷地に多いのですが、スレートの浸透した雨水が、冷やされて凍って膨張したり、温められて融解したりすることで、もろくなりひび割れが発生することがあることについて、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

ひび割れたスレートは風に煽られやすくなり、風に飛ばされてしまうことがあります。 
スレートに発生したひび割れは、専門業者に依頼してコーキング材などを充填する修理を行い、屋根の台風対策を実施して下さい。

台風によって屋根が飛んでしまった場合の対処方法について

屋根の台風対策を行っても強風によって屋根が飛んでしまった場合の対処方法について高島市をはじめ多くの方に紹介します。 

① 台風によって屋根が飛んでしまった場合、専門業者へ連絡し、応急処置を依頼して下さい。 

② 保険会社に加入している場合は、火災保険が使えるかどうかを電話などで確認します。 
風災補償が保険内容に含まれている場合、保険が使えることがあるので、書類を送ってもらって下さい。 

③ 専門業者が到着したら、屋根などの被害を撮影してもらうようにしてください。
専門業者の応急処置後、火災保険に使うために、屋根の台風対策の修理工事の見積の提出を依頼して下さい。 

④ 保険会社の書類や被害の画像、見積書を保険会社に提出して下さい。 

⑤ 保険の申請が受理されたら、専門業者に屋根の台風対策の修繕工事をしてもらいましょう。

屋根の台風対策の準備について

日本では台風が発生して襲来するまでの期間は短く、日頃から屋根の台風対策の準備が重要であることについて高島市をはじめ多くの方に紹介します。 
特に、経年劣化による屋根の傷みが原因によって屋根が吹き飛んでしまうことを防ぐために、定期的に専門業者に屋根の点検を依頼して、屋根の台風対策の準備を行って下さい。 

例えば、スレート屋根は、新築から7~10年経過したら、専門業者に依頼して屋根の点検を行って下さい。 
屋根の点検は高所作業を伴うことがあるので、専門業者に依頼して行って下さい。 
必用に応じて、専門業者に棟板金の釘を再打ち付けやコーキングの充填を行ってもらったり、屋根材の反りを防止するために塗替えを行ってもらったりして、屋根の台風対策を行って下さい。 

50年程度の耐用年数がある和瓦や軽量瓦であっても、積もった雪が凍って落下したり、飛来物が当たったりした場合に、瓦がズレたり、割れたりすることがあるので、新築から7年程度経過したら、専門業者に依頼して屋根の点検を行って下さい。 

高島市をはじめ多くの方に、必用に応じて、専門業者に瓦をもとの位置に戻してもらったり、交換してもらったりして屋根の台風対策を行って欲しいです。

まとめ

新築であっても屋根の台風対策が必要だといわれ、屋根材の種類によっては屋根の台風対策の方法が異なるので高島市をはじめ多くの方に紹介しました。 
新築であっても台風が襲来する前に、窓ガラスが割れないように、雨戸をしっかり締めたり、飛来物が当たらないように防護ネットを配置したりして、屋根の台風対策を行う必要があります。
 
一方、経年劣化によって、棟板金の浮きをはじめ、瓦のズレや割れ、棟瓦の漆喰の劣化、スレートの反りやひび割れが発生した屋根については、専門業者による修理によって屋根の台風対策を行って下さい。 
このように経年劣化による屋根の傷みが原因によって屋根が吹き飛んでしまうことを防ぐために、スレート屋根は新築から7~10年、新築から7年程度経過したら専門業者よる点検を行って、必要に応じて屋根の台風対策を行って下さい。

屋根の台風対策は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181