オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様へ雨漏りの原因や雨漏り修理


3450482_s-1
日本は雨が多い国として知られていますが、近年台風の襲来も増えて屋根にとっては過酷な日々が続き雨漏りが発生することは多いです。 
雨漏りといっても、原因を掴むことが難しいことがあり、雨漏り修理の方法も様々なので、 高島市をはじめ多くの方に紹介します。
当たり前ですが、雨漏り修理を行う前に雨漏りが発生している部位を特定しなければなりません。 
ただ、雨漏りが発生している部位の特定は難しいことがあり、屋根に目立った穴が無い場合、どこから雨水が侵入したかを発見することが困難です。 

また、雨水は室内に侵入した後、色々な場所を伝って、思いもよらない場所に流れることもあります。 
雨漏り修理を行う前に雨漏りが発生している場所をしっかり特定しておかないと、見当違いの場所を雨漏り修理してしまう可能があります。 

そのため、これまでは、調査する人の技量や経験による目視や散水調査が中心でしたが、現在では、発光液調査や赤外線サーモグラフィー調査も加わり、雨漏りの原因がはっきりつかめるようになりましたので、高島市をはじめ多くの方に紹介します。
26338fcd528e47b3f5ffa73b899f8602-columns1
ここでは、高島市をはじめ多くの方に、目視調査では、調査する人の経験や技量を頼りに目視で雨漏りが発生しそうな色々な部位を発見することを紹介します。 
目視調査では調査する人によっては、早く雨漏りの原因が掴める調査方法です。 

一方、散水調査では、実際に屋根に水をかけて、雨漏りを再現させるので、確実性が高いです。 
ただ、屋根に水をかけてから、家の内部で雨漏りが確認できるまで、少し時間がかかる場合があることについても高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。
発光液調査雨漏り
引用:sumical
雨水は透明なので確認しづらい傾向があるため、発光液調査では発光液を使って調査することを高島市をはじめ多くの方に、紹介します。 
発光液調査では雨漏りが発生しそうな部位に発光液を流し込んで、赤外線を照射して、雨漏りが発生している部位を、雨漏り修理を行う前にはっきりさせます。
赤外線雨漏り調査
引用:神清
雨漏りが発生し雨水が溜まっている部位は、他の部位と比べて温度が低い傾向がああります。 
赤外線サーモグラフィー調査では、赤外線サーモグラフィーを使う事によって、住宅の温度が分かるようになるので、雨漏りが発生して雨が溜まっている部位を特定することが可能になることを高島市をはじめ多くの方に紹介します。

赤外線サーモグラフィー調査は散水調査と組み合わせて行った後に雨漏り修理を行うことについて、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。

雨漏りの原因や雨漏り修理について

雨漏りベランダ外壁取合い
高島市をはじめ多くの方に雨漏りの原因には、棟板金、屋根材、雨どいや谷樋の不具合があり、それぞれの原因に対しての雨漏り修理について紹介します。
コロニアル撤去
棟板金は、スレート屋根や金属屋根の頂点などに取り付けられている部材です。 
棟板金は屋根の高い位置に取り付けられているため、台風の強風で煽られやすく浮きや剥がれが発生しやすいです。 
棟板金の浮きや剥がれが発生することで、露出したルーフィングが劣化して雨漏りの原因になるため、雨漏り修理が必要になります。 

釘が抜けて浮き上がった棟板金の雨漏り修理では、浮き上がった釘を再度打ち付けてから、釘の上からシーリングを充填します。 
強風によって剥がれてしまった棟板金の雨漏り修理では、新しい棟板金を再び取り付ける際、貫板が腐食している場合は、腐食に強いプラスチック製の貫板に交換します。 

また、取り付ける際に使う釘は、サビに強いステンレス製の釘が雨漏り修理におすすめなことについて、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。
1-46-columns1
屋根材の破損やズレ、劣化といった不具合が発生することで、露出したルーフィングが劣化して雨漏りの原因になるため、雨漏り修理が必要になります。 
例えば、屋根材は強風によって飛んできた物が当たると破損することがあり、修理が必要な場合があることを高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 

また、瓦屋根の場合は、積もった雪が屋根に落ちる際に、瓦がズレることがあり、雨漏り修理が必要な場合があります。 
スレートやセメント瓦の場合は、塗装が劣化して雨水が浸透することで、もろくなりひび割れが発生することがあり、雨漏り修理が必要な場合があります。 

部分的に破損したり、ひび割れが発生したりした屋根材の雨漏り修理は屋根材を交換します。 
屋根材のひび割れが軽度だった場合は、コーキング材を充填して雨漏り修理します。 
ズレてしまった瓦の雨漏り修理は、瓦をもとに位置に戻します。
軒樋を寸法取り
雨どいは、屋根に降った雨水を効率的に集めて、下水に流す役割りがあります。
雨どいが落ち葉やゴミが堆積して詰まったり、破損したりすると雨水が正常に流れなくなり、外壁などにかかると雨漏りの原因になることがあるので雨漏り修理が必要。 

谷樋の素材にはガルバリウム鋼板が使われることがあり、サビに対しては強いです。 
ただ、経年劣化で谷樋にサビが発生して穴あきが発生すると雨漏りの原因になるので雨漏り修理が必要です。 
そのため、高島市をはじめ多くの方に谷樋の雨漏り修理では、ステンレスや銅の谷樋に交換することをおすすめします。

耐用年数が過ぎた屋根材やルーフィングの雨漏り修理について

劣化したコロニアル屋根
ここでは高島市をはじめ多くの方に、耐用年数が過ぎた屋根材やルーフィングなどの雨漏り修理では、カバー工法や葺き替えといったリフォームを行うことを紹介します。 
耐用年数が過ぎた屋根材やルーフィングが傷んでいる場合は、カバー工法といった雨漏り修理を行う事があります。 

耐用年数が過ぎた屋根材やルーフィング、野地板が傷んでいる場合は葺き替えといった雨漏り修理を行うことが多いです。
屋根きカバー工事
屋根材やルーフィングは耐用年数があるので、塗り替えを行ってもいずれは交換する時期がくることを高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。 
耐用年数が過ぎた屋根材やルーフォングを放置しておくことで雨漏りの原因になるので、雨漏り修理が必要です。 

カバー工法とは、既存の屋根材の上から新しい屋根材やルーフィングを被せるリフォームで、雨漏り修理に有効。 
既存の屋根材を撤去する必要がないので、撤去にかかる手間や費用がかからないメリットがあります。  
更に、屋根材が2重になるので、雨音が小さくなったり、断熱性が向上したりするメリットもあります。 

ただ、カバー工法は通常の雨漏り修理と異なり、既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せるので、屋根が重くなります。
屋根が重くなり耐震性が低下する恐れがあるので、できるだけ軽い屋根材を選ぶ必要があります。  
例えば、ガルバリウム鋼板やSGLといった金属の屋根材がカバー工法の屋根材に使われることが多いことを、高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。
野地板張り
高島市をはじめ多くの方に、屋根材やルーフィングだけでは、野地板まで傷んでいる場合は、葺き替えといったリフォームで雨漏り修理を行うことを紹介します。 
葺き替えで雨漏り修理を行うことによって、屋根に使われている建材を全て撤去してから、新しい建材を配置していくので、瓦やセメント瓦など重い屋根材から、軽いスレートや金属屋根に交換することができるメリットがあります。 

屋根を軽くすることで、耐震性の向上に寄与できるので、大きな地震が発生しても安心です。 
葺き替えで雨漏り修理では、スーパーガルテクトやエコグラーニといった屋根材がよく使われています。 
葺き替えで雨漏り修理を行うデメリットは、カバー工法と異なり、既存の屋根材やルーフィング、野地板を撤去するため、手間や費用が増えることです。

まとめ

雨漏りといっても、原因を掴むことが難しいことがあり、雨漏り修理の方法も様々なので、 高島市をはじめ多くの方に紹介しました。 
雨漏り修理を行う前に、雨漏りが発生している部位を特定しなければなりません。 

これまで、調査する人の技量や経験による目視や散水調査が中心でしたが、現在では、発光液調査や赤外線サーモグラフィー調査も加わり、雨漏りの原因がはっきりつかめるようになりました。 
雨漏りの原因については、棟板金、屋根材、雨どいや谷樋の不具合があり、それぞれの原因に対しての雨漏り修理の方法が異なります。 

耐用年数が過ぎた屋根材やルーフィングの雨漏り修理では、カバー工法や葺き替えといったリフォームを行うことについて高島市をはじめ多くの方に知って欲しいです。

高島市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。
街の屋根やんさんびわ湖大橋店では滋賀県全域で無料点検調査・無料見積をしております。

お客様アンケート施工事例・日々のブログも掲載しているので
是非ご覧ください。

過去の雨漏り点検や工事のようす

最後までご覧いただきましてありがとうございました。
お問合せは電話(0120-661-181)またはメールにて。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181