オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ屋根の雨漏りを防ぐシーリングやコーキング


3666945_s
屋根の雨漏りを防ぐ建材として知られるのがルーフィングですが、シーリングやコーキングもあります。 
雨はちょっとした小さな隙間から屋根に侵入してしまうので、隙間を埋めるためにシーリングやコーキングを使います。 
新築の屋根、修理が必要な屋根にシーリングやコーキングは使われており、屋根の雨漏りを防止するために必要です。 

ここではシーリングやコーキングについて紹介します。

シーリングやコーキングとは?

シーリングやコーキングは、柔らかく半固体状になっており、屋根の隙間に充填させて乾かすことで、雨水の侵入を防ぎます。 
半固体状なので、隙間に入り込み、乾燥することでゴムのように弾力性を持ちます。

シーリングやコーキングには種類がある

シーリングやコーキングはほぼ同じものと考えてよいですが、1液型と2液型に大きく分かれます。 
1液型はそのまま使いしますが、2液型は2つの液体を混ぜてから使いします。 
1液型と2液型にはそれぞれアクリル系、ウレタン系、変成シリコン、シリコン系があるので紹介します。
シリコン系シーリングは耐熱性と耐水性を併せ持っており、キッチンやお風呂などに使われることがあります。
変性シリコン系シーリングは窯業系サイディングなどの隙間に充填して、上から塗装できます。 
水回りに使用できますが、シリコン系シーリングと比較して耐用年数は短めとなっています。
破風や鼻隠し、外壁によく使われるのがウレタン系コーキングです。 
高い密着性や弾力性を誇り、破風や鼻隠し、外壁にできた隙間に充填して使います。 
ただ、紫外線に対して弱いデメリットがあるので、充填後は塗装が必要です。

シーリングやコーキングが必要な工事について

シーリングやコーキングが必要な工事について紹介します。
棟板金は棟に被せることで、屋根に雨水が侵入することを防ぎます。 
例えば、棟板金は大棟と下り棟に取り付ける場合があり、大棟に取り付けた棟板金と下り棟に取り付けた棟板金の合わせ面にシーリングやコーキングを充填します。 

また、棟板金を固定している釘が抜け出した場合、再度、ハンマーなどで釘を打ち付けた後に、シーリングやコーキングを充填して、雨水が侵入することを防ぎます。
スレートは、塗装が劣化することで防水機能が低下して、雨水が内部に浸透してしまいます。
内部に浸透した雨水が冷やされることで膨張、熱せられること融解することで、スレートがもろくなってひび割れが発生することがあります。 

ひび割れが発生したスレートにシーリングやコーキングを充填することで修理する方法があります。 
また、新築のモルタルの壁は、安定するまで少し時間がかかり、ひび割れが発生することがあります。 
モルタルの壁に発生したひび割れにシーリングやコーキングを充填することで修理する方法があります。
窯業系サイディングの目地に充填したシーリングやコーキングは、雨水の侵入を防止したり、サイディングとサイディングが干渉することを防いだりすることが役割りです。 
窯業系サイディングのシーリングは、経年劣化するので、新しいシーリングを打ち替える必要があります。

まとめ

新築の屋根、修理が必要な屋根にシーリングやコーキングは使われており、屋根の雨漏りを防止する役割りがあります。
シーリングやコーキングは半固体なので、隙間に充填することで雨水の侵入を防ぐことが可能となっています。 
ウレタン系コーキングは、高い密着性や弾力性を誇り、破風や鼻隠し、外壁にできた隙間に充填して使いします。

シーリングやコーキングが必要な工事については、棟板金の交換工事、スレートやモルタルのひび割れの修理があります。

高島市の方以外でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181