オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ!!ガルバリウム鋼板屋根について徹底調査


dcd011347b2c84a1dc81f90e34cdade9
大津市の皆さん、屋根の張替えやカバー工法をご検討されている方であれば
ガルバリウム鋼板を一度は耳にしたことがあるでしょう。

ガルバリウム鋼板は金属屋根として、特にリフォームの際などによく使われる屋根材の
一つですが、営業トークなどでメンテナンスフリー!や絶対錆びない!などの誇張表現が
使われがちな素材でもあります。
今回はガルバリウムの特徴や過大表現の真相と正しい見極め方や知っておきたい注意点をご紹介します。

ガルバリウム鋼板の注意ポイント

●屋根材の中でも総合力が高い
ガルバリウム鋼板は主に次のような特徴を持っています。
・費用対効果が高い(耐用年数が長く、価格が安い)
・設置可能な屋根勾配が他の屋根材に比べて広い
・薄く軽いため、耐震性が高い
そのため、全ての屋根材の中でも使い勝手の良い屋根材と言えるでしょう。
実際、多くの屋根のカバー工法(重ね張り)でガルバリウム鋼板が使われています。

●メンテナンスは必要です!!
ただし丈夫なガルバリウム鋼板とは言っても、メンテナンスは必須です。
ガルバリウム鋼板は施工単価が高くなる傾向にあるため、メンテナンスはいらないなどの
誇張表現が使われる屋根材なので要注意です。
お住まいの環境が強風地域、潮風によく当たる沿岸部、屋根に傷がつきやすいなどに
当てはまる場合は、特に錆びやすくなるのでメンテナンスが特に必要と言えます。


ガルバリウム鋼板のメリット

■金属屋根の中でも特に総合力の高い素材
・コストパフォーマンスが高い(耐用年数が長く、価格が安い)
・特にSGLであれば耐食性がステンレスに劣らない

金属屋根の中ではガルバリウム鋼板よりもジンカリウム鋼板やステンレス鋼鈑の方が
耐用年数は長いです。しかしその分価格も高くなるというのが難点です。

■デザイン性に優れている
ガルバリウム鋼板は金属屋根のため、基本的にはどの色を選んでもスタイリッシュかつ
シャープな印象を与えます。またカラーバリエーションも幅広く存在するので
与える印象を自由に変える事ができます。

ガルバリウム鋼板のデメリット

■施工自体が難しいうえに業者を探す事も難しい
ガルバリウム鋼板は原則として、瓦屋や塗装屋ではなく
主に板金工事業者が行う事になっています。その理由は、ガルバリウム鋼板は確かに
錆びにくい素材ではありますが、薄さから傷に弱い素材なのです。
施工途中に角をぶつけてしまったり切断面の鉄粉を残したままにしてしまうと
そこから腐食が進行し、錆になりやすくなってしまいます。

■断熱性が低い
ガルバリウム鋼鈑は薄い為、断熱性能はほとんどありません。
また熱伝導率が高いため、夏場には太陽熱の影響で屋根直下が高温になり
室内温度が上昇しやすくなります。
そのためリフォーム以外でガルバリウム鋼板を使用する場合は通常、断熱材とセットで
販売されるか遮熱塗料で塗装をする事が多いです。

■遮音性が低い
ガルバリウム鋼板は薄いので、音や振動が伝わりやすく雨音が響きやすいのも
欠点の一つです。(屋根勾配が緩い建物の場合は特に響きやすい)
カバー工法で使用する場合は特に心配ありませんが、新築でガルバリム鋼板をご検討される方は
対策を考えた方が良いでしょう。

■結露が発生しやすい
通常の屋根材の場合、あつ程度湿気が外に逃げるように施工されますが
ガルバリウム鋼板の場合は隙間なく敷き詰めるので、室内の気密性が高まります。
加えてガルバリウム鋼板は熱伝導率が高いため、湿度が高いと屋根裏などに結露が発生しやすく
結露が発生すると住宅の腐食につながります。
そのため、対策として屋根下に湿気が溜まらないよう定期的な屋根裏換気などを行いましょう。

■強風に弱い
屋根は軽いと耐震性は向上しますが、同時に強風には弱くなってしまいます。
大きく2つの欠点があります。
・強風により屋根材が剥がれ落ちる可能性があります。
屋根と住宅本体の接合部分が弱いと、強風が原因でガルバリウム鋼板が剥がれ
元の素材が丸出しになるという可能性も考えられます。

・飛来物が当たった場合、へこみやすい。
もともと素材が薄い為凹みやすく、凹みが錆びの原因になる可能性も考えられます。

■潮風に強い
金属屋根は基本的に潮風に弱いです。(一般的に錆びは、金属の持つ電子が水や塩分のもつ
電解質に奪われる事で発生します)特にガルバリウム鋼板の場合は、潮風に含まれる塩分が原因で
白さびが発生しやすいです。そのため、特に塩害地域にお住まいの方には
金属屋根を採用する事はあまりオススメできません。
もしデザイン性などで理由でどうしても金属屋根の採用をお考えの場合は
最も耐食性の高いステンレスを採用する事をオススメします。

まとめ

今回はガルバリウム鋼板についてご紹介しました。
軽量で耐震性にも優れて、コストパフォーマンスも良いガルバリウム鋼板ですが
業者の誇張表現にはくれぐれも注意しましょう。
メンテナンスを全くしなくても良いなんて事は実際にはありません。

住まわれている環境に応じて屋根材を検討しましょう。

大津市以外の方も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181