オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん、スレート屋根の点検


3537017_s-2
色あせやコケなど屋根の劣化が気になってご自分で屋根に上って点検しようと考えている方がいるかもしれませんが、屋根の点検には危険が伴うので専門業者に任せたほうがいいでしょう。 
専門業者にスレート屋根の点検を頼む際に、気になるのが点検内容だと思いますので紹介します。

スレート屋根の点検内容について

業者が行うスレート屋根の点検内容について紹介します。
換気棟
棟板金は、屋根の頂点に被せてある建材で、主に雨水の侵入を防止する役割りがあります。 
棟板金が日光で暖められることで変形し、棟板金を固定している釘を押し出してしまう不具合があります。 
そのため、点検内容として、棟板金を固定している釘が抜け出して浮いていないか確認します。 

また、棟板金と棟板金の合わせ目に充填されているコーキング材が切れてしまい隙間ができていないか点検します。 
サビに強いガルバリウム鋼板でできた棟板金が増えましたが、建物が建っている環境によっては早期にサビが発生する可能があるので点検します。 
棟板金が錆びている場合、棟板金を屋根に固定している貫板も腐食していることが多いです。

錆びた棟板金や貫板は新しい棟板金や貫板に交換します。 
また棟板金で使われている釘はステンレス製が多いですが、中には鉄製もあり、サビが発生していることがあります。 
この場合、錆びた鉄製の釘をステンレス製の釘に交換して対応します。
劣化したコロニアル屋根別アングル
スレート屋根で使われている屋根材であるスレートには塗料が塗られています。
塗料が経年劣化により、防水機能が失われることで、雨水がスレート内に浸透してしまいます。 
スレートに浸透した雨水が、冷やされ凍って膨張し、温められることで解けるため、徐々にスレートが劣化して、ひび割れや反りが発生します。 

このようなことから、塗装の劣化を点検するために、スレートに水を吹きかけて、防水機能が失われてしないか点検します。
塗料の機能が失われている場合は、水がスレートに吸い込まれていきます。 
劣化した塗料は高圧洗浄によって除去して、新しい塗料を塗ります。
苔の生えたコロニアル屋根
コケやカビは緑色と考えられている方は多いとは思いますが、白色や黄色といった色もありますので、専門業者の経験から判断します。 
コケやカビは日当たりが良くない屋根に発生しやすいといわれます。 

更に、近隣に森などがある場合で、コケやカビの胞子が飛んでくるので、コケやカビが発生しやすいです。 
コケやカビが生えて、スレートの表面が常に湿った状態になっていれば、塗り替えのタイミングと考えていいでしょう。
コロニアル破損部
スレートのひび割れは日当たりが良い場合でも発生するので、広範囲に広がっていないか点検する必要があります。 
スレートの反りについては、一見、分かりにくため、スレートの側面から入念にチェックして浮がないか点検します。 
特にパーミルといわれる屋根材は、経年劣化によって、先端がめくり上がってボロボロになることがあります。 

劣化したパーミルの場合は塗り替えができないことが多いので、葺き替えもしくカバー工法でリフォームします。

まとめ

コロニアル撤去
専門業者にスレート屋根の点検内容を紹介しました。 
点検内容は、棟板金を固定している釘が抜け出して浮いていないかやコーキングが切れていないかを確認します。 
棟板金や棟板金を固定しているクギのサビを点検します。 

塗装の劣化を点検するために、スレートに水を吹きかけて、防水機能が失われてしないか点検します。 
コケやカビは白色や黄色といった色もありますので、専門業者の経験から判断します。 
スレートの反りはスレートの側面から入念にチェックして浮がないか点検します。 

劣化したパーミルの場合は葺き替えもしくカバー工法でリフォームします。  

大津市以外の地域でもスレート瓦屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181