オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、工場や倉庫の屋根の種類や雨漏りの原因について!!


最終完成
大津市の皆さん、工場や倉庫の屋根の多くは折半屋根や波型スレートになります。
そして雨漏りの多くは、ボルト部分のサビや屋根材に穴が開いてしまう事で起こりますが
簡単な部分補修で修理できる事が多く、修理費用も少額で行える事が多いです。
今回は、ご自宅の屋根とは少し違いますが雨漏り修理の理解を深めるためにも
工場や倉庫の屋根材の種類や雨漏りの原因についてご紹介していこうと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

折半屋根の屋根材

折半屋根とは金属製の波板の事をさします。
金属の屋根材のため、屋根塗装などのメンテナンスを行わなければサビが発生してしまいます。
また、ボルトによって屋根材が固定されているためボルト部分にサビが発生してしまうと
雨漏りの原因となります。では、雨漏りの原因についてご紹介します。

●ボルト部分のサビ
折半屋根の雨漏りの原因の大半がこのボルト部分のサビです。
ボルト部分の雨漏りはボルトキャップを取り付ける事が一般的で、費用も安価となっています。

●屋根材のサビ
折半屋根は金属製のため経年劣化によってサビが発生してしまいます。
サビが発生した箇所から雨水が侵入して雨漏りが起こります。
1箇所だけにサビが発生している場合は、防水テープやコーキングで補修する事ができますが
全体的にサビが発生していたり、複数箇所から雨漏りを起こしている場合は
葺き替えやカバー工法での修理が必要となってきます。

波型スレートの屋根材

波型スレートはセメント質の屋根材で、工場や倉庫で普及率が高くなっています。
では、波型スレートの雨漏り原因についてご紹介します。

●ボルト部分のサビ
ボルト部分のサビによる雨漏りは波型スレートで一番多い雨漏りの原因です。
ボルト部分が経年劣化によって隙間が生じてしまい、その箇所から雨水が侵入してしまいます。
ボルトキャップの取付けなどの雨漏り修理は安価なため、取付けする事をオススメします。

●屋根材の劣化
経年劣化によって屋根材に穴が開いてしまったり、地震や強風の外的要因によって
隙間が生じてしまった場合に雨漏りが起こります。
症状が軽い場合は防水テープやコーキングなどの簡単な部分補修で修理する事ができます。
しかし屋根全体が劣化してしまっている場合などは、部分的に張り替える必要があります。
部分的に補修をしても再度別の箇所から雨漏りが発生する可能性が高いので
しっかりと現地調査を行い適した修理をする事が重要となります。

まとめ

今回は、工場や倉庫などの屋根の種類や雨漏りの原因についてご紹介しました。
ご自宅の屋根とは少し違いますが、知っておくと損のない知識になります。
工場や倉庫の屋根もご自宅の屋根も、定期的な点検とメンテナンスを行う事で
補修も最小限で済む事があるので、皆さんもきちんと時期を決めて行いましょう。

大津市以外の方も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181