オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様へ スレート屋根の塗り替えについて


3892894_s
スレート屋根の塗り替えは7~10年に1度といわれています。 
足場を組んでフェンスを張り、生活も制限される可能性があります。 
そのため、満足できる塗り替えを行いたいと思っている方はいるはずです。 

ここでは、スレート屋根の塗り替えについて紹介します。

スレート屋根の塗り替えを行う理由について

塗装完了です
色がくすんだリ、コケが生えたりした屋根を眺めて、塗り替えを決意する方をはいると思います。 
そもそも、屋根の塗り替えでは、新しい塗料を塗る事で、見た目を改善するだけではなく、防水性などの機能を取り戻すことができます。 

スレート屋根のスレートにはもともと塗料が塗られており、スレートの内部に雨水などが浸透しないようになっています。
塗料が劣化して防水機能が失われることで雨水がスレート内に浸透するようになります。 

凍害では、浸透した雨水が、冷やされて凍結し膨張、温められて液体に戻ること、徐々にスレートが劣化して反りやひび割れなどが発生します。
スレートのひび割れが進行し欠損することで、下に敷いてあるルーフィングが露出し劣化の進行が早くなり穴あきが発生して雨漏りの原因になります。 

屋根はなかなか点検しにくい場所で、生活していても、スレートの劣化について気付きづらいものです。
定期的に、専門業者に点検を依頼して、スレートの劣化を発見して下さい。

スレート屋根の塗り替えに使う塗料について

スレートの塗り替えを行うのは専門業者に任せるにしても、塗料を選ぶことはできます。 
屋根用の塗料は色々な製品が出ており、代表的な製品を知っておくだけでも、専門業者との話し合いで役に立ちます。
ここではスレートに使う遮熱塗料、ラジカル制御型塗料について紹介します。
ヒートアイランド現象の防止に効果があるといわれている遮熱塗料。
遮熱塗料をスレートに塗ることで、室温の上昇を抑制できるといわれています。
中でも、日本ペイントのサーモアイシリーズは、国内で最も使われている遮熱塗料となっています。

下塗り材にも赤外線反射機能があり、遮熱効果は抜群だといわれています。
 一方、スーパーセランシリーズは、耐用年数が25年もあり長寿命の塗料です。
中でも、スーパーセランマイルドIRは遮熱塗料として人気があり、顔料に含まれるカーボンブラックを使っていないので、遮熱効果が抜群だといわれています。
シリコン塗料と比較すると長い耐用年数を誇るラジカル制御型塗料。 価格もお手頃になり、色褪せも少ないため、ラジカル制御型塗料を屋根に使う事が多くなりました。
中でも、日本ペイントのファインパーフェクトベストは酸化チタンが採用されており、紫外線で塗膜が壊れやすい白色顔料が紫外線に当たらないようになっているため、長寿命となっています。

スレート屋根の塗り替え方法について

スレート屋根の塗り替え方法は、まず、足場を組んで必用に応じてフェンスを貼り、養生を行います。
屋根に付着した汚れやゴミ、剥がれかけた塗料などを高圧洗浄で除去して、しっかり乾燥させます。 
下塗り材を塗った後に、スレートとスレートの間にすき間を作るタスペーサーを配置します。 

タスペーサーを設置することで、スレートの排水性を維持して雨漏りを防止します。 
その後、中塗り、上塗りといった手順で塗料を塗ります。

まとめ

スレート屋根の塗り替えについて紹介しました。
屋根の塗り替えは、新しい塗料を塗り替えることで、見た目を改善するだけではなく、防水性などの機能を取り戻すことができます。

塗り替えを怠ることで、スレートが欠損し、下に敷いてあるルーフィングが露出し劣化の進行が早くなり穴あきが発生し雨漏りの原因になります。
スレート屋根の塗り替えでは、遮熱塗料やラジカル制御型塗料といった塗料を使う事がおすすめです。  

スレート瓦屋根塗装で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181