オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆様へ 塗り替えが必要な瓦屋根について


3631914_s
瓦屋根といえば、塗り替えがいらないメンテナンスフリーの屋根材だと思われていますが、 瓦屋根の中でも、塗り替えが必要な屋根材があることはご存じでしょうか? 
瓦屋根の中でも、セメント瓦やモニエル瓦といった屋根材は、定期的に塗り替えが必要なのでご紹介します。

塗替えが必要な瓦と塗り替えが必要ない瓦について

全ての瓦はメンテナンスフリーだと思って、放置している方はいませんか? 
まず、ご自分の家に使っている瓦屋根は塗り替えが必要かどうかを把握することは重要です。 
いわゆる和瓦は、土を素材に使った粘度を成形して焼き上げている屋根材です。

和瓦の中には、釉薬を使って焼き上げた釉薬瓦、焼き上げた後に燻したいぶし瓦、そのまま焼き上げた素焼き瓦などがあります。
これらの和瓦は、塗料が塗られていないので、塗り替えは必要ありません。

一方、セメント瓦やモニエル瓦といった屋根材には、主成分がセメントなので、雨水などが浸透しないように塗装で保護ざれています。
塗装は経年劣化するので塗り替えが必要です。

塗装が傷んで雨水が浸透しはじめると、セメントの成分であるカルシウムが流れ出してしまいます。
カルシウムが流れ出た瓦は、スカスカになってしまいちょっとした衝撃で割れてしまうことがあるので注意が必要です。

セメント瓦やモニエル瓦の特徴について

セメント瓦やモニエル瓦には色々なデザインがあり、双方を見分ける方法は専門業者でなければ、難しいといわれています。
ただ、瓦の小口とよばれる側面の部分の形状を比較することで、セメント瓦とモニエル瓦を区別することができます。
セメント瓦は小口がフラットな印象があります。

一方、モニエル瓦の小口は凸凹しているので、セメント瓦とはかなり変わっています。
セメント瓦とモニエル瓦の区別ができない方は専門業者に相談して下さい。
更にモニエル瓦を使った瓦屋根には、表面にスラリー層と呼ばれる着色層があり、塗り替えが難しいといわれています。 

セメント瓦やモニエル瓦を使った屋根はカラフルで美しく人気がありますが、塗り替えをを行わないと、劣化してボロボロになってしまうので注意しましょう。

セメント瓦の塗替え方法について

セメント瓦の塗替え方法はスレート屋根と殆ど変わらないです。 
まず、足場を組んで、塗料が飛び散らないようにフェンスを張ってから、瓦を高圧洗浄し、十分乾燥させます。
次に油性シーラー(アサヒペン)やラフトンカチオンフィラー(スズカファイン)といった下塗り材を塗ります。

表面のざらつきが無くなるまで下塗り材を塗り重ねます。
次に、中塗り、上塗りといった順に水性カラー屋根用(サンデーペイント)や油性シリコン遮熱屋根用(カンペハピオ)といった塗料を塗り重ねていきます。

モニエル瓦の塗替え方法について

モニエル瓦にあるスラリー層と呼ばれる着色層は軟弱で、塗料のノリが悪くすぐに剥がれてしまうので、塗り替えが困難だといわれています。

スラリー層にうまく塗料を塗るためにはスラリー層を高圧洗浄で剥がしたり、スラリー強化プライマーを使って強化したりします。
モニエル瓦を使った瓦屋根を高圧洗浄し乾燥させた後に、スラリー強化プライマーⅡ (水谷ペイント)といったスラリー強化プライマーで下塗りした後に、中塗り、上塗りを行い乾燥させれば完了です。

まとめ

セメント瓦やモニエル瓦を使った瓦屋根は、定期的に塗り替えが必要です。
セメント瓦は小口がフラットで、モニエル瓦の小口は凸凹しているので、見分けることができます。 
セメント瓦やモニエル瓦は塗り替えを行わないと、劣化しボロボロになってしまいます。

セメント瓦の塗替え方法はスレート屋根と殆ど変わらないですが、モニエル瓦には、スラリー層と呼ばれる着色層が軟弱なので高圧洗浄で剥がしたり、スラリー強化プライマーを使って強化したりしてから、塗装します。 

モニエル瓦の塗り替えは技術が必要なので、腕が良い専門業者を選ぶようにしないと、仕上がりの美しさと耐用年数が変わっています。 

瓦屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
塗装完了です
スレート屋根の塗り替え写真
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181