オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へスレートや金属屋根の塗替え塗料


393952_s-1
スレートや金属の屋根材を使った屋根は、新築より7~10年程度で塗り替えを行うのが一般的です。
塗り替えは、外観を維持するだけではなく、屋根材の機能を維持するために重要なメンテナンスとなっています。
ここでは、屋根の塗り替え行う理由や選ぶべき塗料を紹介します。

どうして屋根には塗り替えが必要なの?

劣化したコロニアル屋根
塗膜が劣化したスレート屋根(コロニアル)
劣化したコロニアル屋根別アングル
塗膜が劣化したスレート屋根(コロニアル)
スレートや金属の屋根材の表面には、塗料が塗られています
塗料は雨や雪など厳しい環境に晒されることで、劣化して防水機能が失われるので塗り替えが必要です。
塗り替えを怠ってしまいスレートに浸透した雨水が寒くなると凍結して膨張、暖かくなると解けることで、スレートの劣化が進行し、ひび割れなどが発生することがあります。

スレートがひび割れた程度であれば、すぐに雨漏りの発生はありません。
ただ、スレートが欠損して、下に敷いてあるルーフィングが露出し劣化が進行して穴が開くと、雨漏りが発生してしまいます。

一方、金属の屋根材の場合、塗装が劣化して金属の表面が露出するようになると、サビが発生して穴が開いて、スレートと同じようにルーフィングが露出し劣化が進行して穴が開くと雨漏りが発生してしまいます。

雨水が侵入して、家の構造部材が濡れてしまうと、腐食したり、シロアリの被害が発生したりするので、注意が必要です。
構造部材が腐食したり、シロアリの被害が発生したりして傷んでしまうと耐震性が低下するため、本来倒壊しないような規模の地震であっても、倒壊してしまう恐れがあります。

また、室内に雨水が侵入することで、カビが発生し、健康被害の原因になってしまうこともあります。

屋根の塗り替えで選ぶべき塗料について

屋根の塗り替えで塗料を選ぶ際、よく耐用年数や性能、価格を重視することはあります。 
ただ、屋根材に対して相性がよい塗料があることはご存じでしょうか? 
ここでは、金属、スレートやセメント瓦といった屋根材に相性がよい塗料について紹介します。
トタン屋根
劣化しているトタン屋根
トタン屋根点検
劣化しているトタン屋根(立平)
トタンをはじめ金属の屋根材は熱膨張が発生しやすい傾向があります。
膨張した金属に塗られた塗料はひび割れが発生しやすいので、柔軟性に優れよく密着する油性のウレタン塗料がおすすめです。

一方、金属の屋根材は夏、温度が上がりやすい傾向があります。
高温になった金属の屋根材によって室温が上がらないように、遮熱塗料もおすすめです。
セメント瓦
スレートやセメント瓦がひび割れる原因は、凍害の以外にも、積もった雪が落下したり、強風によって飛んできた物が衝突したりした際に発生する衝撃があります。 

衝撃によるスレートやセメント瓦のひび割れは、どんなに高機能で耐用年数が長い塗料を塗ったところで防止することは不可能なので、7~10年程度おきに屋根の点検を行い、ひび割れの補修や塗り替えを行う事が重要です。 

このようなことから、耐用年数が20年程度あり高価格なフッ素塗料を塗ったとしても衝撃によるスレートやセメント瓦のひび割れは防げませんので、価格や性能においてバランスがよいシリコン塗料がおすすめです。

まとめ

屋根材に塗られている塗料は雨や雪など厳しい環境に晒されることで、劣化して防水機能が失われるので塗り替えが必要です。
防水機能が低下することでスレートが欠損して、下に敷いてあるルーフィングが露出し劣化が進行して穴が開くと雨漏りが発生してしまいます。

金属の屋根材の場合、塗装が劣化して金属の表面が露出するようになると、サビが発生して穴が開いて、スレートと同じように雨漏りが発生することがあります。
 膨張した金属に塗られた塗料はひび割れが発生しやすいので、柔軟性に優れよく密着する油性のウレタン塗料がおすすめです。 

衝撃によるスレートやセメント瓦のひび割れは防げませんので、価格や性能においてバランスがよいシリコン塗料がおすすめです。 

屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
ブログ
も更新しておりますのでご覧ください!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181