オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津のみなさんへ和瓦屋根の点検


2475816_s
和瓦は、多くは、自然にある土を練って粘土にしたものを成形し、焼き上げます。 
そのため、和瓦は50~70年の耐用年数がありメンテナンスフリーな屋根材といわれています。 
ただ、和瓦を使った屋根には、漆喰や緊結線、板金などが使われており、和瓦以外の部位に関しては定期的な点検を行い、メンテナンスが必要なことはご存じでしょうか? 

ここでは、瓦屋根の点検などを紹介します。

瓦屋根の漆喰の点検について

漆喰(しっくい)は和瓦を使った屋根の棟の部分に使われています。 
漆喰は経年劣化によって、剥がれて落下してしまうことがあります。 
セメント状の個体が屋根の上に転がっていたり、地面に落ちていたりしたら、和瓦に使っている漆喰と考えてよいでしょう。

例えば、瓦屋根の漆喰の点検では、隅棟漆喰の剥離などを確認します。 
瓦屋根の漆喰が剥がれてしまうと、雨漏りの原因になるので、棟の積み直しや漆喰の詰め直しを行い修理します。 
棟の積み直しは、崩れてしまった棟を一度取り除いて、新しく棟を積むことです。 

漆喰の詰め直しは剥がれてしまった漆喰を新しい漆喰に交換します。

瓦のズレの点検について

淡路瓦浮き修正
瓦は地震や飛来物の衝突などでズレてしまうことがあります。
ズレた瓦が落下して、人や物に損害を与えることは十分考えられるので定期的な点検で見つけ出す必要があります。 
棟瓦は漆喰が剥がれてしまうとズレてしまうので、注意しながら点検します。

例えば、コーキング材で瓦同士を接着するラバーロック工法で修理すれば、瓦のズレを防ぐことが可能です。 
ただ、ラバーロック工法は、ある程度ノウハウがある専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

緊結線の点検について

鬼瓦
棟部にあるのし瓦2~3段はまとめてくくるために緊結線が使われていることがあります。
銅線でできた緊結線は、地震で切断してしまうことがあるので、棟の周辺をしっかり確認します。
できれば、リフォームして緊結線を使わない構造にすることをおすすめします。

瓦屋根の板金の点検について

全てではありませんが、瓦の屋根面が重なる谷部分には板金が使われていることがあります。
例えば、谷板金にサビが発生したり、穴が開いていたりしないか、点検するする必要があります。
谷板金に穴が開いてしまうと、雨水が屋根に侵入してしまうので注意が必要です。
穴が開いた谷板金は、新しい谷板金に交換します。

瓦のひび割れの点検について

瓦の割れ
金属屋根は通常、割れることはまずありませんが、瓦は地震や飛来物の衝突などによってひび割れてしまうことがあるため、入念に目視確認します。 
瓦のひび割れを放置しておくと、欠損することがあります。 

瓦が欠損したとしても、すぐに雨漏りが発生することはまずありません。 
ただ、瓦が欠損することで、下に敷いてあるルーフィングが露出することになります。  
露出したルーフィングは日光や風に晒されるようになり穴が開いてしまうことがあり、雨漏りの原因になります。 

 ひび割れた瓦は、新しい瓦に交換することで対応します。 
瓦のひび割れは、屋根に上って瓦一つ一つ丁寧に確認する必要がありますので、専門業者に点検して発見してもらったほうがいいでしょう。

まとめ

瓦屋根
和瓦を使った屋根には、漆喰や緊結線、板金などが使われており、和瓦以外の部位に関しては定期的な点検を行い、メンテナンスが必要なことを紹介しました。
棟に使われている漆喰は経年劣化によって、剥がれて落下してしまうことがあるので、定期的な点検が必要。 
棟瓦は漆喰が剥がれてしまうとズレてしまうので、注意しながら点検します。 

緊結線は、地震などで切断してしまうことがあるので、棟の周辺を確認します。 
谷板金にサビが発生したり、穴が開いていたりしないか、点検するする必要があります。 
瓦のひび割れは、屋根に上って瓦一つ一つ丁寧に確認する必要があります。  

屋根の点検は、高所作業となることがあり、様々な危険が潜んでいるのでご自分では行わず、専門業者に依頼して下さい。 

瓦屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181