オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、メンテナンスの優先順位について!!


2段目組立
高島市の皆さん、建物は紫外線や雨風などの自然環境が発生させるダメージを常に受けているので
年月が経てば経つほど、住宅の劣化が進んでいきます。
劣化が進むと屋根や外壁などの外装周りはもちろんの事、外装周りが受けきれなかったダメージは
建物の内部にも入り込んできます。

今回は、メンテナンスの優先順位や住宅の劣化の原因などについてご紹介していきます。
記事を最後まで読んで頂いて参考にしてみてください。

住宅の劣化原因について

それでは、まず住宅の劣化の原因についてご紹介します。

●経年劣化(年月が経っていればいるほど劣化する)
●施工不良
●外装に施された塗料の品質が悪い
●雨風
●台風や地震

住宅はもちろん紫外線を浴び続ける事によって劣化しますが、原因はそれだけではなく
雨風や振動なども劣化の原因になります。

築10年を過ぎたら考えるべきリフォーム

築10年を過ぎると、住宅のメンテナンスをする目安の一つで、主に外装の劣化が
目立ってくる時期になります。外装の劣化とは以下のようなものになります。

■外壁の汚れ
■外壁塗装のひび割れ
■外壁塗装の剥がれ
■外壁のコケ、カビ、藻の繁殖
■外壁を手で触ると粉状のものが付く(チョーキング現象)
■屋根材の破損
■屋根塗装の剥がれ
■雨漏り

このような症状が出ている場合は、何らかの外装修理やメンテナンスが必要になります。
外装は主に外壁と屋根の事を指しますが、ほとんどの外装には塗料が塗られています。
築10年が住宅リフォームの時期と言われるのは、外装に塗られた塗料の耐久性の効果が
消えてしまう時期なので、改めて外装に塗料を塗る必要があります。

リフォームの優先順位

築年数が経つにつれ色々な所が劣化していく事はお分かりいただけたと思います。
先ほどから外装のお話しをさせて頂いてますが、もちろん内装も外装と同様に
築年数が経つごとに劣化していきます。
しかし、いくら内装を綺麗にしても外装の状態が悪くその悪い状態が建物の躯体まで
広がってしまうと建て替えしないといけなくなってしまう可能性があります。
そのような事からも、まずは外装のメンテナンスを行いその後に少しづつ
内装リフォームを行っていくのが良いと思います。

まとめ

今回は住宅のリフォームの優先順位についてご紹介しました。外装のリフォームを優先にという
お話しをしましたが、内装部分でも壊れてしまったり色々な場合があると思います。
そのような場合には壊れてしまった箇所を最優先に直しましょうね。

高島市の方以外でも屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181