オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ、サイディングを塗装する際に知っておきたい知識!!


449-columns1
守山市の皆さん、皆さんのご自宅の外壁は何を使用されていますか??
最近ではサイディングの外壁が多く見られるようになりました。
築10年以上経つとサイディングの汚れが気になり、多くの方が外壁塗装を検討する事と思います。
一般的にサイディングにも外壁塗装のメンテナンスは必須となっています。
塗料選びも非常に重要になり、材質によって適した塗料は異なります。
今回はサイディングの外壁塗装についてしっておきたい知識をご紹介します。

サイディングに外壁塗装が必要な理由

家を建てて間もない頃は、外壁の塗装の事はあまり考えませんよね??
築10年くらい経ってくると外壁の汚れもだんだんと気になってくると思います。
外壁塗装は本当に必要なのか??と思われる方も少なくないと思いますが
一言でサイディングと言っても材質や種類が豊富にありますが、
基本的に外壁塗装は必要なものです。

まず皆さんが塗装を検討される動機は、汚れが目立ってきたり色褪せしていたり
苔やカビが生えてしまった時や塗膜が剥がれている時など、美観に問題が
ある時に検討される方は多いと思います。
しかし、見た目を綺麗にするという目的もありますが、外壁塗装の一番の重要な役割は
『建物の保護』にあります。
塗膜と呼ばれる塗料の膜を形成しますが、経年と共に劣化が進行してしまった場合
美観を悪くするという症状が起きます。
この症状が現れているのに、そのまま放置してしまうと建物の内部に水が侵入してしまい
躯体を腐食して大切なご自宅の寿命を短くしてしまいます。

また外壁塗装は一度だけ行えば良いものではなく、経年によって劣化症状は進行していくので
10~15年のペースで定期的な塗り替えが必要になります。

シーリング補修は必須!!

サイディングとサイディングの間に重鎮されているシーリングですが
建物の内部に水が侵入しないように防いだり、地震などの揺れの負担を緩和したりと
住宅にとってとても重要な役割を担っています。

このシーリングが劣化して硬化してしまうとひび割れなどの症状が現れます。
防水性が低下してしまい、建物にかかる揺れの緩和や防水機能も低下し
雨漏りに繋がる恐れもあります。
サイディングの外壁塗装を行う際は、必ずシーリングの補修も行うようにしましょう。

塗装しなくても良いサイディングもあります!!

サイディングの種類は窯業系・金属系・木質系・樹脂系の4種類があります。
窯業系・金属系・木質系サイディングは10~15年に一度、外壁塗装をするのが
一般的とされています。
窯業系サイディングは住宅外壁シェア率の70%を占めていると言われるほど
最近ではとても多い外壁材になります。
そして樹脂系サイディングは、シーリングを使用していないため
定期的なメンテナンスはいらないとされています。

まとめ

今回は、サイディングの外壁塗装する際に知っておくと良い知識という記事を
書かせて頂きました。
ご自宅の外壁がサイディングで汚れや色褪せが目立ってきている方は、築年数を考えて
塗装工事を検討してみてください。

守山市の方以外でも屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181