オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

湖北地域のご家庭の瓦屋根の葺き替え工事の方法やチェックポイントなど!


日本家屋には当たり前のように使われてきた瓦屋根。今回はこの瓦屋根を葺き替えたり、メンテナンスする方法などを具体的にご紹介していきます。
釉薬瓦屋根の全景

瓦屋根はどのような特徴があるのか?

瓦屋根にはどのような特徴があるのか?まずはそこから見ていきましょう。
高屋根の瓦確認
屋根上確認

①とにかく耐用年数が長い

瓦屋根の特徴、1つ目は「耐用年数の長さ」が挙げられます。瓦屋根は50年の耐用年数があると言われていて、今在る屋根材の中でも一番長持ちする屋根材です。ただ、50年間何もしなくていいのか?と言われると、そういう事ではなく、適切なメンテナンスは定期的に行う必要があります。

②粘土瓦であれば、耐水性も高い

瓦屋根の特徴、2つ目は「耐水性も高い」ということです。ただしここには条件があります。「粘土瓦以外の耐水性は低い」です。粘土瓦以外というと、セメントで作られているセメント瓦になりますが、この場合は耐水性がないタイプになります。とはいえ、セメント瓦は現状殆ど製造されていない為、多くの物は粘土瓦でしょう。

③断熱性や遮音性が高い

瓦屋根は、非常に断熱性や遮音性が高いのも特徴です。外部からの熱をシャットアウトしたり、室内の熱を逃がさないような効果があります。また、音漏れ防止にも、強い効果があるでしょう。

瓦屋根は葺き替える前にどのようなメンテナンスが必要か?

瓦屋根の葺き替えはおおよそ50年に一度ですが、その他10年に一度は漆喰の詰めなおしのメンテナンスが必要になります。この漆喰の詰めなおしのメンテナンスを怠ると、雨漏りの原因になるなど、様々な問題が発生します。また、20年に一度は、防水シートの葺き替え作業が必要です。瓦自体は50年程度耐用するのですが、その下に敷いてある防水シートは約20年で効果が落ちてしまいます。防水シートが無ければ、雨漏りの原因にも繋がり、ご自宅の劣化に直結してしまうでしょう。また、棟瓦も、定期的にチェックをし、ゆがみがあれば取り替えの作業をしてもらう必要があります。

瓦屋根の葺き替えはどのような順序なのか?

では、瓦屋根の葺き替えはどのような手順で行われるのでしょうか?まずは、屋根に上って安全ベルトを装着の上、現場を確認します。続いて、古い瓦を撤去しなければいけません。ただ、この時点でまだまだ使用できる瓦の状態のことが多いので、全ての瓦を葺き替えない事もあります。事前に業者に見積もりを出してもらって、相談しましょう。
古い瓦を撤去した後は防水シートを取り除き、下地材に穴や傷、汚れが無いか確認します。もちろん、穴や傷があればその時点で補修をし、汚れもある程度は除去していきます。ここの下地処理をきちんとしておかなければ、せっかくの葺き替え工事が台無しになってしまうので、念入りに行っていきます。そして、再度防水シートをかけて、新しい瓦を貼り変えていけば、瓦屋根の葺き替え工事は完了です。瓦自体の耐用年数が50年はあるので、頻度としては多くないですが、瓦の劣化と共にしなければいけません。

自分で瓦屋根の状態を確認する方法は?

では、ここで普段のメンテナンスについてもまとめていきます。瓦屋根の状態は、常日頃から目視確認をしておかれることをおすすめします。2階建てのお宅で、1階部分の屋根が見えるようであれば、瓦に異常が無いかを日々確認しておきましょう。ここで瓦の破損や、ゆがみ、浮きなどが確認できれば、専門業者の施工の必要があるため、早急に業者に連絡をしてみましょう。特に、台風がきた後や、地震が起こった後などは要注意です。では、2階部分の瓦はどのようにチェックするのがいいのか?というと、これは、遠く離れた高台から双眼鏡などで目視のチェックをされるのがおすすめです。目で見て分かる程度の異変があれば、一度業者にご相談されるのがいいでしょう。

まとめ

今回は瓦屋根の葺き替え方法や、ご家庭でのメンテナンス方法をご紹介してきました。瓦屋根は確かに耐久性にすぐれ、断熱性も高いですが、50年間メンテナンスフリーなわけではありません。きちんとしたメンテナンスを定期的に行い、少しでも長持ちさせられるようにしていきましょう。湖北地域の方以外でも屋根のことでお悩みの方は街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181