オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ屋根材の種類について


お住まいのご自宅屋根。きちんと適切なメンテナンスを行えているでしょうか?今回は、世の中にはどんな屋根材があり、どのようなメンテナンスを行うのが適切なのか?徹底的にご説明していきます。

屋根材にはどんな種類があるのか?

1-46-columns1

まず、世の中には一体どんな屋根材があるのかご存知ですか?代表的なものを挙げてみました。

・トタン屋根

・スレート屋根

・ガルバリウム鋼板屋根

・セメント系瓦屋根

・粘度計瓦屋根

このような屋根材の種類があります。それぞれにどのような特徴があり、どのようなメンテナンスをすればいいのか、具体的に見ていきましょう。


トタン屋根
まずは、トタン屋根です。トタン屋根の特徴は、とにかく安いという事。「瓦棒(かわらぼう)」とも呼ばれていて、数十年前までは非常に多くの家屋で使われていました。ただ、軽量で耐久性も無く、サビにも弱いことから、今ではほとんど使われない屋根材の一つです。
トタン屋根のメンテナンスと言えば、塗装です。トタン屋根は前述したとおり、サビに非常に弱いため、サビが大きく広がる前に塗装を行わなければいけません。日々目視での確認を継続して、サビの繁殖が広がらないようにしましょう。特にサビが広がりだしてしまうと、かなりのペースで広がるので注意することをおすすめします。
劣化したコロニアル屋根
コロニアルグラッサ
苔の生えたコロニアル屋根
次に、スレート屋根です。スレート屋根は粘土板岩と呼ばれる、板状の岩を敷き詰めて作られた屋根です。軽量で施工も簡単なので、多くの屋根に使用されています。価格もそんなに高額でない事もメリットでしょう。ただ、カビが繁殖しやすかったり、耐水性が無いのが欠点になります。
スレート屋根はどのようなメンテナンスの必要があるのでしょうか?まずは日々目で見て、屋根に異常がないかどうかをチェックしましょう。太陽光で日焼けをしたり、スレート材自体が反っていたりすると、寿命が近づいている可能性があります。10年程度で再塗装をする必要もあるので、よく注意しておきましょう。
次に、ガルバリウム鋼板屋根です。この屋根は、トタン屋根の後継として、多くの建物に使われています。軽くて丈夫で錆びにくいのが特徴です。鋼の板に、防錆効果のあるメッキ塗料を塗ってあるだけなのですが、見た目もすっきりしていて、今人気の屋根材です。
ガルバリウム鋼板屋根のメンテンナンスは簡単で、ただ真水をホースでかければいいだけです。サビにも強く耐久性もあるので、多少のことでは傷もつきませんし、変色する事もありません。ただ、サビには強いですが、全く錆びない事はありません。経年劣化により、サビが広がる事もあります。その場合には、早急に専門業者による塗装が必要です。
そして、セメント系瓦屋根です。瓦屋根には、2種類の素材があり、一つ目が粘土系瓦屋根、もう一つがこのセメント系瓦屋根になります。セメント系瓦屋根は、粘土系瓦屋根に比べ安い価格で設置しやすいのが特徴です。ただ、アスベストの含まれる瓦という事で、現在では製造されていません。
セメント系瓦屋根のメンテナンスは、定期的な塗装が必要な場合があります。目視でよく瓦の異常を観察し、割れていたり変色している際は、早めに業者に相談しましょう。
最後は、粘土系瓦屋根です。粘土系瓦屋根は、陶器の様に焼かれた瓦なので、耐水性もあり丈夫なのが特徴です。多少高額にはなりますが、雨漏りにも強いので、多くの日本家屋で使われていました。
セメント瓦
桟瓦確認
粘土系の瓦屋根は、50年間もの耐久性があります。しかし、20年に一度は、防水シートと呼ばれるものを葺き替える必要があります。その他は、瓦自体に異常がないかどうかを毎日チェックするようにしてみましょう。割れた瓦部分から、雨漏りが発生する恐れもあります。

まとめ

今回は屋根材の種類と、それぞれのメンテナンス方法を簡単にご紹介してきました。どの屋根材にも良いところと悪いところがあります。まずは、日々屋根に異常がないかどうか確認を怠らないことが必須でしょう。

気になっている方は是非一度守山市にかかわらず街の屋根やさん びわ湖大橋店にご相談をしてみては如何でしょうか?

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181