オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市にて屋根カバー工法で手軽に補修完了!


ご自宅の屋根材は「耐用年数」という物がある事をご存知ですか?定期的に塗装や葺き替えなどのメンテナンスが必要です。そこで今回は、比較的お安く補修が出来る「屋根カバー工法」という工法をご紹介していきます。


主にスレート屋根には屋根カバー工法で手軽に修復が出来る

3537017_s-1
屋根カバー工法とは、簡単に言うと「現状の屋根材の上に更にもう1枚別の屋根材を設置する工法」です。主に平らな面の屋根で、劣化しやすいスレート屋根に用いられることが多いでしょう。通常、スレート屋根の経年劣化は、一度全てのスレートを剥がして、再度葺き替える工事を行うのですが、屋根カバー工法を使えば、葺き替えの必要なく、簡単に工事を完了させることが出来ます。

屋根カバー工法の手順や流れをご説明!

屋根カバー工法とは、一体どんな流れで進められるのでしょうか?簡単にご説明していきます。今大人気の工法なので、しっかりと作業内容を把握されておくことをおすすめします。
屋根カバー工法を行うには、まず、施工予定面の屋根を洗浄します。また、傷などがあれば、必要に応じて補修も行います。この下地処理をどれだけ丁寧に行うかで、仕上がりに大きく影響するので、ここは念入りに行うのです。施工予定面に汚れや傷、痛みなどが残っていると、せっかくカバー工法をして、きれいにしても、全く強度が上がらず意味が無くなってしまうでしょう。
続いて、施工面に特殊な防水紙を張っていきます。防水紙を貼ることで、雨水の侵入を防ぐ効果があります。
そしていよいよ、カバー材の設置です。多くの場合おすすめなのは、「ガルバリウム鋼板」などの、軽くて強度のある金属素材です。スレート屋根は安価に施工も出来て、軽くて丈夫なのがメリットですが、カビや劣化に弱いとされています。そこで、金属系のカバー屋根を設置することで、その弱点を補ってくれるでしょう。また、断熱効果も高まるので、寒い地方にお住まいの方にはおすすめです。
その後は、カバー材のつなぎ目部分に貫板を設置していきます。木製の貫板を使われていることも多いですが、プラスチック製の貫板を使う事で、より雨や風に強いカバー工法を行うことが出来ます。さらに棟板金でカバーをし、風に飛ばされないよう強固に止めていきます。
最後に、雨水の侵入を防ぐためのコーキング処理をして、作業は完了です。通常の葺き替えよりもグッと短時間で工事が完了します。

屋根カバー工法のメリットやデメリット

1950727_s-1-1
では、屋根カバー工法を行う上でのメリットやデメリットにはどんなことが挙げられるでしょうか?
ガルバリウム鋼板でカバー完了
カバー完了

屋根カバー工法を行うメリットは、以下のような感じです。

・工事期間が非常に短く終わる

・葺き替える廃材が出ないから費用も安い

・工事期間中も普段通りの生活が出来る

・屋根材の廃棄が無いのでゴミを減らせる

まず、圧倒的な早さで工事が終わります。通常の葺き替えであれば、一度屋根材を剥がして、再度貼りなおしますが、その手間が無い分早いのです。また、廃棄予定の廃材も出ないので、処分量、工賃などを含めても比較的安く仕上がるでしょう。また、工事期間中も通常通りの生活が出来るので、安心です。


デメリットには、以下のようなことがあります。

・瓦屋根はカバー工法には向いていない

・劣化が進みすぎた屋根にはカバー工法は出来ない

・屋根の重量が増加する

まず、瓦屋根には基本的に屋根カバー工法は出来ません。おすすめなのはスレート屋根のような凹凸が少なく、経年劣化しやすい屋根です。また、劣化が進みすぎた屋根にはカバー工法は出来ませんので、事前に点検や相談をする必要があるでしょう。また、多少ですが、屋根の重量が上がってしまう事で、建物に負荷を与えてしまう恐れがあります。とはいえ、カバー工法で使う屋根は軽量な物が多いので、そこまで気にする必要は無いでしょう。


まとめ

というわけで、今回は屋根カバー工法で、お手軽にお安く屋根補修が出来る!という記事でした。あなたのご自宅の屋根は補修が必要ではないでしょうか?もし、カバー工法の屋根でも対応で来るのであれば、かなり丈夫になり、大変おすすめです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181