オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆さま、屋根の塗料選びについて


1212501_s
屋根の塗り替えで迷うのが、塗料の種類や色でないでしょうか?
塗料の種類は多く、値段や機能、色は様々なので、屋根の塗り替えで塗料選びを間違うと、屋根のイメージが思い通りならなかったり、機能が不足してしまったりすることがあるので注意しなければなりません。
ここでは、屋根の塗料選びについて紹介します。

上塗り用塗料を選ぶ

ウレタン樹脂塗料カンペ1液
塗料の準備
上塗り用塗料は、大きく、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、遮熱塗料に分けられるので紹介します。
ウレタン樹脂が主成分のウレタン塗料は、優れた柔軟性や弾力性を発揮します。 
リーズナブルな価格な半面、耐用年数は7~10年となっており、シリコン塗料と比べると短いです。 
屋根を頻繁に塗り替えたり、この先、長く住む予定がなかったりする場合におすすめの塗料です。
シリコン樹脂が主成分となっているシリコン塗料は、屋根の塗装ではポピュラーな塗料です。 
耐用年数は10~15年となっており、優れた耐候性や耐水性、柔軟性を発揮します。 
セラミックを配合したシリコン塗料も登場し、汚れにくさを向上させました。 

シリコン塗料はウレタン塗料に比べると価格は高いですが、品質面で上回る商品があります。 
長持ちする塗料を希望する場合は、シリコン塗料がおすすめです。
フッ素樹脂を主成分とするフッ素塗料は、優れた耐候性を発揮する塗料です。
耐用年数は15~20年となっており、熱や色あせ、劣化に強いため、屋根の使用にぴったりの塗料です。 
塗り替えは最後だったり、塗り替えの手間を少なくしたりする場合におすすめの塗料です。
遮熱塗料は夏場における室内の暑さを緩和することができる上、汚れにくさを持っています。 
遮熱塗料の中には、夏場、3℃程度下がるといわれる塗料も登場しており、冷房の効果が向上し光熱費の節約にもなります。

艶がある塗料と艶消し塗料について

艶がある塗料は輝きがある仕上がりになり、つるつるした表面で汚れもつきにくいです。 
一方、艶消し塗料は、落ち着いた仕上がりになり、3分艶消し、半艶、7分艶消しがあるので、数値が下がるほど艶がなくなっていきます。

水性塗料や油性塗料について

塗料は大きく、水で溶かす水性とシンナーなど有機溶剤で溶かす油性に分けられます。 
有機溶剤が含まれる油性塗料は異臭が発生するため、取り扱う際は健康被害に注意する必要があります。 
異臭が少ない水性塗料は扱いやすいですが、耐久性や艶は油性塗料と比較すると劣る商品が多いです。 

水性塗料を塗った屋根の上から油性塗料を塗ると、先に塗った水性塗料が溶けるといった問題が発生するので気を付けなければなりません。

住宅に合った塗料を選ぶ

住宅に合った適切な塗料を塗ることで、快適に暮らせるようになれます。 
例えば、遮熱塗料を屋根に塗れば、家の中が熱くなることを抑制することが可能となります。
さび止めが入った塗料を使うことで、金属屋根に発生するさびを抑制することができます。

塗料は屋根のイメージを変える要素

屋根の色は、壁の色と同様に、家のイメージを決める大事な要素であるため、選択は重要です。 
色見本だけではなく、実際に板などに塗料を塗る事で、イメージと異ならないかを事前にチェックする必要があります。 
また、近隣にある住宅などと比較して、異様に目立ったり、不自然な色になったりしないようにする配慮が必要です。 

屋根に艶あり塗料を使うことで、太陽光が近隣に反射することを想定し、事前に問題がないかチェックする必要があります。

まとめ

屋根を頻繁に塗り替えたり、この先、長く住む予定がなかったりする場合にウレタン塗料、 長持ちする塗料を希望する場合は、シリコン塗料がおすすめです。 
フッ素塗料は、塗り替えは最後だったり、塗り替えの手間を少なくしたりする場合におすすめの塗料です。 

冷房の効果が向上させ、光熱費を節約したい場合は、遮熱塗料がおすすめです。 
屋根の色を決める際は、色見本だけではなく、実際に塗料を板などに塗る事で、イメージと異ならないかを事前にチェックする必要があります。 

高島市以外でも屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。  
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181