オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へトタン屋根よりもガルバリウム鋼板屋根が優れている理由


あなたのご自宅の屋根は、どんな屋根素材かご存知でしょうか?屋根素材に応じたメンテナンスは必須です。そこで、今回は今主流になりつつある、金属屋根素材を徹底して解説していきます。この記事を読んで、金属屋根素材の知識を身につけましょう。

以前は主流の金属屋根だったトタン屋根はガルバリウム鋼板に変わっていっている

image1-3-columns1
以前は、金属屋根と言われると「= トタン屋根」というのが一般的でした。しかし、今は金属屋根というと「ガルバリウム鋼板の屋根」というものが一般的になっています。ガルバリウム鋼板というと、薄い鋼の板に特殊な防錆効果があるメッキを塗った素材になります。以前のトタン屋根とは比べ物にならないほどグレードアップしているのですが、具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか?

トタン屋根を使うメリットやデメリット

まずは、お馴染み「トタン屋根」を使うメリットやデメリットを見ていきましょう。

トタン屋根を使うメリットは以下のような感じです。

・価格を安く抑えられる

・軽いので設置が簡単

・耐震性が高い

・雨漏りしにくい

このようなものが、トタン屋根のメリットになります。確かに非常に扱いやすい屋根素材なので、以前は積極的に使われていました。殆どの民家の屋根は「瓦屋根」か「トタン屋根」だった時期もあるほどです。

②トタン屋根を使うデメリット

一方、トタン屋根を使うデメリットはどんなことがあるでしょうか?

・雨音が聞こえやすい

・錆びやすい

・定期的なメンテナンスが必要

こういったことが、トタン屋根の弱点です。確かに、軽くて使いやすいのですが、サビに弱く、定期的に塗装をするなどのメンテナンスが必要でした。サビが一度広がりだすと、かなりのペースで広がるので、早めの塗装が必要です。


ガルバリウム鋼板屋根を使うメリットやデメリット

それでは、ガルバリウム鋼板の屋根を使うと、どんなメリットデメリットがあるでしょうか?

ガルバリウム鋼板の屋根のメリットはこちらです。

・比較的軽いので、扱いやすい

・見た目がスタイリッシュでオシャレ

・耐震性が高い

・錆びにくい

ガルバリウム鋼板の屋根は、とにかく錆びにくいのが特徴です。トタンの屋根よりもはるかに耐用年数が長いです。また、軽さもトタン同様に軽い事、さらに、見た目は、すっきりしていておしゃれな見え方になります。


では、ガルバリウム鋼板の屋根のデメリットはどんなことでしょうか?

・費用が多少高くつく

・塗装が劣化した際に、技術力がある業者でなければ対応でき無い

・断熱性が無い

こういったことが、デメリットでしょう。特に、ガルバリウム鋼板の素材が「全く錆びないということではない」とうところがポイントです。ガルバリウム鋼板の素材は確かに、錆びにくくはありますが、様々な条件でサビが発生することもあります。

そうした時に、特殊なメッキで塗装されているガルバリウム鋼板は、技術力の高い業者でなければ、塗り替えを行うことが出来ないのです。


多少の費用が掛かっても、圧倒的にガルバリウム鋼板屋根の方がおすすめ

image2-3-columns1
こうして、トタン屋根とガルバリウム鋼板を比較してきました。色々な条件を加味しても、圧倒的にガルバリウム鋼板の屋根の方がおすすめだと言えるでしょう。多少の出費はかさみますが、長い目で見ると、ガルバリウム鋼板がおすすめです。圧倒的に見た目もスマートに見えますし、なによりサビが発生しにくいのは大きなメリットの一つでしょう。

ガルバリウム鋼板屋根のお手入れとは?

では、ガルバリウム鋼板の屋根は、どのようなお手入れをしていけばいいのでしょうか?簡単に言うと、「ご自宅のホースで水をまくだけ」です。おおよそ年に1度もしくは、3か月に1度程度真水をまきましょう。これだけで、屋根に付着した不純物が取り除かれ、さびにくい状態を維持できるでしょう。また、海辺に住まれているようであれば、毎月1度は真水をかけられることをおすすめします。

まとめ

今回は金属屋根の一種である、トタン屋根とガルバリウム鋼板の屋根について、具体的に比較調査をしてきました。

もし今後、屋根の葺き替えを考えられているようであれば、圧倒的にガルバリウム鋼板の屋根の方がいいことがお分かりいただけたでしょうか?是非、大津市の方以外でも屋根を葺き替えをしたい時は街の屋根やさん びわ湖大橋店にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181