オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、住まいの大敵の湿気や雨漏り..その理由は??


eee136698445c33a9a57ccc399b54bb6-columns1
住宅にとって湿気や雨漏りが大敵といわれますが、それは建物に大きなダメージを
与える可能性があるからです。
では、なぜ大敵と言われているでしょう??
それは断熱と気密性が関係しているんです!!

昔の日本の住宅は、開放的で断熱性や気密性が低く換気を意識しなくても自然と
湿気が抜けていました。そのため冷暖房の効率が悪く、特に冬は過ごしにくいものでした。
現代の住宅は、断熱によって冷暖房効率を良くして、夏も冬も当たり前のように
快適に過ごせるようになりました。
しかし住宅にとって通気性もポイントになります。

断熱性の高い住宅は気密性も高くなっていて、自然に湿気が抜けにくくなっているので
雨漏りしてしまうと、雨水が壁の内部に溜まったまま湿気の元になってしまいます。
このような状態になると、構造部分を腐食させてしまいひどいダメージとなってしまいます。
カビやダニの発生源にもなり、アレルギーや喘息を起こし健康被害につながる事もあります。
ですので現在の住宅で快適に健康に暮らしていくためには
雨漏りや湿気を防がないといけないのです。

雨漏りは屋根以外からも起こります!!

雨漏りと聞くと屋根からのイメージが多いと思いますが
実は雨漏りを起こす場所や原因は屋根だけではないんです!!
建物の仕様やデザインが雨漏りを引き起こしやすくなっている事もあります。
材料の破損よりも屋根や外壁工事での施工不良が雨漏りの原因となることがあります。

■屋根材や外壁サイディングの継ぎ目
瓦やスレートのズレ、外壁サイディングの縦方向の繋ぎ目や釘穴から雨水が侵入してくる事があります。

■窓サッシまわり
サッシまわりのシーリングが劣化していると雨水が侵入しやすくなってしまいます。
また庇のない窓、出窓、天窓は特に注意が必要です。

■バルコニーの掃き出し窓
バルコニーに面する掃き出し窓のレールがバルコニーの床と同じ高さの場合
雨が吹き込みやすくなます。バルコニーの排水口が詰まっていたりすると
雨が降った際に、水が溢れて室内に侵入してしまう事もあります。

新築やリフォームの際の注意点

家を建てる際やリフォームをする時などに注意すべき点がいくつかありますので
ご紹介します。

■換気は吸気考える
現代の住宅の換気には水廻りや居室などに換気扇がついていて便利なのですが
換気扇は主に排気をするものです。
湿気を追い出して確実に換気を行うには、外気を取り込む必要があります。
換気扇を取り付ける場合は吸気機能を備えた物を選択するか吸気口をつけるようにしましょう。

■外装工事はきちんと行いましょう
雨漏りを防ぐためには、屋根や外壁工事をしっかりと施工する事が基本になります。
後から後悔しないように業者選びは慎重に行いましょう。

■バルコニーと掃き出し窓には段差をつけましょう
バルコニーから雨水が入ってしまうのを防ぐ為に、バルコニーと掃き出し窓には
段差をつけるようにしましょう。

■軒や庇をなるべく取り入れたデザインにしましょう
敷地が狭い場合は難しいのですが、雨の吹き込みを抑えるためにも
なるべく屋根は軒を出し、窓にも庇を付けるようにしましょう。

まとめ

今回は住宅にとって大敵な雨漏りや湿気についてどのような理由があるのか
ご紹介しました。どんどん便利な世の中になっていきますが
住宅に関しても昔の建物は昔の建物で良い部分があるのだなと思いますね。

高島市の方以外でも屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181