オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市で板金工事でお悩みの方へ


1950725_s-1
風が吹くと屋根からカタカタ音がするので、業者に屋根の点検を依頼したら、板金工事が必要という説明がある場合があります。
ただ、板金工事という聞き慣れない言葉に戸惑い、工事を行うか迷っている方がいるかもしれませんので紹介します。

板金工事とは?

屋根の修理で行われる板金工事とは、板金を修理や交換することです。 
例えば、スレート屋根の屋根と屋根のつなぎ目を棟と呼び、棟に取り付けられた板金を棟板金と呼びます。
棟板金は金属の板を成形したものが多く、主な役割りは棟から雨水が浸入することを防止します。 
屋根には大棟、隅棟がある場合があるため、それぞれの棟に棟板金が配置されています。

板金工事は必要なの?

棟板金からカタカタ音がする程度であれば、すぐに雨漏りが発生することはまずありません。
ただ、傷んだ棟板金が台風などの強風に煽られ続けると、変形してしまうことがあり、最悪、落下することもあります。
棟板金が落下しても、気付かずに放置し続けると雨漏りの原因になることがあります。

更に落下した棟板金が、人や物に危害を加える可能性も十分あるので注意して下さい。
カタカタと音がする棟板金は必ず修理したほうがいいでしょう。 
板金工事は屋根本体を修理する葺き替えなどに比べ、短い工期で費用もかからないので、傷んだ棟板金を放置しないようにしてください。 

雨漏りを放置しておくと、構造部材が腐食してしまうことがあり、耐震性が低下します。 
また、雨漏りはカビやコケの発生を誘発することがあり、人間に対する健康被害が懸念されます。

棟板金はなぜ傷むの?

棟板金は、屋根に配置された貫板に釘で固定されています。
棟板金は昼、強い日差しに晒されて高温になり変形することで、釘を押し出してしまうことがあります。
一方、夜、棟板金は低温になりもとに戻ります。

このことにより、釘でしっかり固定されていたはずの棟板金にガタつきが発生して、強風に煽られることで、カタカタという音が発生します。 
一方、木でできていることが多い貫板が経年劣化によって腐食することで棟板金にもガタが発生して、同様の不具合が発生することがあります。

ガタついた棟板金が強風で煽られ続けることで変形したり、落下したりすることがあります。

板金工事はどんことをするの?

棟板金を固定している釘が抜け出しているだけであれば、金づちで釘を再度打ち付けて、雨水が侵入しないように、シーリング材を充填します。 

 棟板金や貫板が腐食している場合は次の手順で板金工事を行います。 
① 棟板金を固定している釘を抜いて、傷んだ棟板金を撤去します。 
貫板を固定している釘を抜いて、傷んだ貫板を撤去し屋根を綺麗に清掃します。 
② 貫板を固定して釘を抜いた跡には穴が残るので、雨水が浸入しないようにコーキング材を充填して乾燥させます。
細かい作業ではありますが、雨漏りを防ぐために重要です。 
③ プラスチック製の貫板をSUSビスで屋根に固定します。 プラスチック製の貫板やSUSビスは、木製の貫板や鉄の釘より、耐用年数が長いため、おすすめです。 
④ 新しい棟板金をSUSビスで固定します。 
⑤ 棟板金と棟板金の接合部にシーリング材を充填して雨水が屋根に侵入しないようにします。
⑥ 棟板金や貫板を腐食している場合は、屋根材の塗装なども傷んでいることがあり、塗り替えも同時行うことをおすすめしています。

まとめ

屋根の修理で行われる板金工事とは、板金を修理や交換することです。 
釘の抜け出しや貫板の腐食によって、釘でしっかり固定されていたはずの棟板金にガタつきが発生し、強風に煽られることで、カタカタという音が発生します。 

ガタついた棟板金が強風で煽られ続けることで変形したり、落下したりすることがあるので板金工事は必要です。 
板金工事では、棟板金を固定している釘を再度打ち直したり、腐食した棟板金や貫板を交換したりします。 

屋根の板金工事は高所作業となるので、専門業者に依頼して下さい。 

守山市以外の方でも屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181