オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ屋根の藻やコケでお困りの方へ


苔の生えたコロニアル屋根
スレートやセメント瓦などの屋根に発生しやすいのが藻やコケ。
知らず知らずのうちに藻やコケが発生し、住宅全体が古ぼけた感じがして悩んでいる人もいるかもしれません。
藻やコケは、放置してしまうと、あっという間に、屋根全面に広がってしまいます。
ここでは藻やコケの発生原因や対策方法などについて紹介します。

屋根の藻やコケが発生する原因について

屋根に発生する藻やコケは、見た目に悪く、周辺の環境に影響されやすいので紹介します。 
藻やコケが発生する原因は、藻やコケの胞子が屋根材などに付着して、水分などを栄養にして日光を浴び成長するからです。 

中でも、近隣に森などがある住宅は、森から藻やコケの胞子が飛んでくることが多いです。
ただ、藻やコケの胞子が屋根材に必ず付着してしまう訳ではなく、塗装が傷んでしまい表面がザラザラするようになると、胞子が付着してしやすくなります。

藻やコケの胞子は、季節に関係なく空中に浮遊しているので、一年中発生する可能性もあります。 
森やなどが近くにある住宅は、屋根材の塗装が傷んでいるのを放置しておくと、藻やコケが屋根に覆われてしまうことになります。

屋根の藻やコケの発生によって屋根材が傷むの?

屋根に発生する藻やコケは、住宅の見た目を悪くするだけではなく、耐用年数を短くしてしまうことがあります。
藻やコケで覆われた屋根は、藻やコケによって常に水分も付着するようになります。 
水分が屋根材に浸透して、寒くなると凍って膨張し、暖かくなる水に戻り、屋根材はだんだんもろくなることで、ひび割れなどが発生するようになります。 

このような現象を凍害などといわれており、屋根材の耐用年数を縮める原因となっています。

藻やコケが発生しやすい屋根は?

藻やコケが発生しやすい屋根はカラーベストやコロニアルと呼ばれてことがあるスレート屋根や、セメント瓦やコンクリート瓦の屋根などです。 
屋根材に留まらす、雨どいの裏や軒天などにも藻やコケが発生しやすい傾向があるので注意しなければなりません。 
雨漏りが発生している場合、屋根の中の構造部材に藻やコケが発生することがあります。

屋根に発生した藻やコケを対策する方法について

塗装が傷んだ屋根材は水分を含みやすくなるため、藻やコケが発生しやすいです。  
そのため、屋根材を塗り替え、塗装を復活させることで、藻やコケの発生を抑制できます。 
屋根材を塗り替える前にまずバイオ洗浄を行うことでより効果的です。 

バイオ洗浄で使うバイオ洗浄液は、殺菌や抗菌作用があり、藻やコケを分解する機能もあります。 
高圧洗浄してから、バイオ洗浄液を噴霧した後、最後に高圧洗浄を行います。 
 塗り替えで使う塗装は、できるだけ耐用年数が長いものを選ぶのは基本ですが、防藻塗料がおすすめです。 

防藻塗料は、防藻剤を使っていたり、光触媒の働きで苔の繁殖を抑制したりする機能があります。 
光触媒の酸化チタンが紫外線に当たり生成した活性酸素によって、苔やコケの増殖を抑制することが可能です。 
現在では、蛍光灯程度の光を当てただけでも、苔やコケの増殖を抑制することができる塗料もあります。

まとめ

コロニアルグラッサ葺替え完了
コロニアルグラッサ
屋根に発生する藻やコケは、見た目に悪いだけではなく、屋根材の耐用年数を縮めてしまうことがあります。 
塗装が傷んでいる屋根材を放置しておくと、藻やコケが屋根に覆われてしまうことになります。 
カラーベストやコロニアルと呼ばれてことがあるスレート屋根や、セメント瓦やコンクリート瓦の屋根などに、藻やコケが発生しやすいです。 

屋根材を塗り替えることで、藻やコケの発生を抑制できます。 
塗り替えを行う前に行うバイオ洗浄で使うバイオ洗浄液には殺菌や抗菌作用があり、藻やコケを分解する機能があります。 
防藻塗料は、防藻剤を使っていたり、光触媒の働きで藻やコケの繁殖を抑制したりする機能があり、おすすめです。 

大津市以外の方でも屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181