オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、木造住宅の耐震補強について!!


1029d6c36070c0d9550fd8d3907dd140_s
高島市の皆さん、皆さんがお住まいの耐震について考えてみた事はありますか??
日本は地震大国と言われるほど、地震が多くいつ大きな地震が来ても倒壊する事なく
耐えられる構造や機能を備えているかが重要となります。
もしも地震対策や耐震性に少しでも不安がある場合はすぐに対処しましょう。
大きな地震が来て、家が倒壊してしまってからでは遅いです。
今回は地震に強い住宅にするためには何をしたら良いかご紹介します。

木造住宅に行うべき耐震補強とは??

①基礎部分の補強
大きな地震が起こった時に、住まいの倒壊を防ぐために重要なのが基礎部分の補強になります。
既存の基礎が弱い場合や弱っている場合は、新たに基礎を増設します。
通常は既存基礎の内側か外側に鉄筋コンクリートを増し打ちする事になります。
ヒビ割れなどが生じている場合は、エポキシ樹脂などを注入する補修を行います。

②壁を耐力壁に変更する
筋交いなどが入っていない壁は地震に弱く、強い揺れによっては倒壊してしまう恐れがあります。
軸組工法の筋交いや2×4工法の構造用合板などは耐力壁と呼ばれ、これらを既存の壁と
交換する事で耐震性を強化する事ができます。その他にも間取りを変更して
新たに壁を増設する事で耐震補強する方法も効果的です。

③金物の接合部の補強
柱と梁・土台などには、接合部に金物を設置して接合します。
しっかりと接合部を緊結する事で、大きな揺れが発生した際に柱・梁・壁などが
互いに支え合って一体となり、耐えられるようになります。
使用する金物には、筋交い金物やホールダウン金物などがあります。
2つ以上の部材を組み合わせて接合する方法を仕口といいます。
この仕口の仕様に合わせて金物を正しく設置します。
仕口が補強されると確実に木造住宅の強度が増します。

耐震補強以外に気を付けるべき点は??

日本で安心、安全な住まいづくりを考える上でとても重要になるのは地震対策です。
皆さんのお住まいでも、何らかの耐震対策をされているという方は
少なくないと思います。しかし耐震補強を施しているからといって
自身がきた時に必ずしも大丈夫とは言い切れません。
特に木造住宅の場合は、耐震補強をしていてもきちんとメンテナンスや補修がされていないと
耐震性が低下してしまう事もあります。
雨漏り、結露、シロアリが発生してしまうと構造や土台の腐食に繋がる事もあります。
そうなってしまうと、建物は老朽化し耐震性も損なわれてしまい地震の際には倒壊する恐れがあります。
木造住宅の耐震性を維持していくためには耐震補強の他にも屋根からの雨漏りや結露
シロアリ被害を防ぐ箏は欠かせないのです。


まとめ

今回は木造住宅で行うべき耐震補強についてご紹介しました。
地震大国の日本で安心、安全に暮らしていくには耐震補強はとても重要という事が分かりましたね。
しかしいくら耐震補強を行っても、定期的な点検やメンテナンス、補修を怠ってしまうと
せっかくの耐震補強もあまり意味のない物になってしまいます。

高島市の方以外でも屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181