オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の破風板や鼻隠しの劣化が気になる方へ


破風板と鼻隠しの違い
破風板(はふいた)や鼻隠し(はなかくし)といった言葉をご存じでない方は多いかもしれません。
屋根の側面に貼り付けられた板は破風板や鼻隠しと呼ばれています。
破風板や鼻隠しは屋根を見上げるとすぐに確認できるため、破風板や鼻隠しの劣化が進むことで住宅全体が古くなったような印象が漂うになります。
ここでは、破風板や鼻隠しの劣化について紹介します。

破風板や鼻隠しの役割りや劣化について

風を切り裂くことで、屋根が吹き飛ばないようにするために取り付けられているのが破風板です。
一方、軒先の先端に取り付けられている板を鼻隠しと呼んでいます。
破風板や鼻隠しには雨水や風から屋根を守る役割りがあります。

屋根は、吹き下ろす風に対しては強く、吹き上げる風に対しては弱いといった特徴があります。
破風板や鼻隠しを屋根の先端に取り付けることで、吹き上げる風を分散させることが可能です。  
大昔は薄い木を使った破風板が多かったですが、厚みがある板を使うようになり、火災に対して強くなりました。

一方、鼻隠しには雨どいを取り付けることが多く、釘などを使って鼻隠しと垂木を貫通させて固定します。
現在は破風板や鼻隠しには、サイディングやガルバリウム鋼板などが使われるようになり、更に火災などに強くなりました。

外壁にモルタルが使われている場合は、破風板や鼻隠しはモルタルを塗って仕上げられている場合があります。  
屋根は野地板や垂木、屋根の内部にある部材を破風板や鼻隠しで隠すように作られています。
そのため、破風板や鼻隠しは強い風に煽られることが多く、屋根材より劣化が早いといわれています。

ただ、雨どいが取り付けられている鼻隠しは直射日光や雨水が直接当たることが少ないです。
一方、雨どいが取り付けられていない破風板は直射日光や雨水が直接当たるので、劣化が早いといわれています。
破風板や鼻隠しは、屋根を見上げるとすぐに確認できるので、ご自分でメンテナンスしようとする方がいますが、高所作業となるので、専門業者に依頼して下さい。

破風板や鼻隠しのメンテナンス方法について

破風板や鼻隠しは劣化度合によってメンテナンス方法が異なるので紹介します。
破風板や鼻隠しの塗装が剥がれかかっている程度であれば、ケレンを行い剥がれかかっている塗装を除去した後に、新しく塗料を塗るといったメンテナンスを行います。 
費用は安く、作業時間も短いですが、また塗装が剥がれる可能性があるので、定期的に点検を行わなければなりません。
破風板塗装
破風板や鼻隠しが腐食していないので、板金で覆うといったメンテナンスを行います。
板金で覆うことで、破風板や鼻隠しの劣化の進行を抑えることができます。
破風板の様子
破風板や鼻隠しが腐食しているので、部分的もしくは全て交換します。 
サイディングやガルバリウム鋼板を使う場合は、全て交換します。  

サイディングは、主原料がセメント質と繊維質となっており、外壁によく使われる建材です。 
サイディングは、優れた耐久性を発揮して、軽く火災にも強いメリットがあります。 
ガルバリウム鋼板は、鉄板にアルミニウム、亜鉛、シリコンといったメッキ層を形成させた建材です。  

鼻隠しには雨どいが取り付けられているので、鼻隠しと一緒に雨どいも交換した方が効率的にメンテナンスできます。

まとめ

風を切り裂くことで、屋根が吹き飛ばないようにするのが破風板です。 
鼻隠しは軒先の先端に取り付けられており、垂木などを隠すための板です。
双方の部材は強い風に煽られることが多く、屋根材より劣化が早いといわれています。 

破風板や鼻隠しの塗装が剥がれかかっている程度であれば、新しく塗料を塗ります。 
破風板や鼻隠しが腐食していない場合は板金で覆い、腐食している場合は部分的もしくは全て交換します。  
サイディングやガルバリウム鋼板を使った破風板や鼻隠しに交換することもあります。

破風板や鼻隠しのメンテナンスは高所作業となるので、専門業者に依頼して下さい。 

大津市以外の方でも屋根で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。  
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181