オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市で雨樋を自分で修理したい方へ


雨樋取付け完了
樋切断
皆さんは雨樋の修理方法についてしっかりと理解していますでしょうか?
雨樋が故障しているのを発見したり、自ら雨樋を傷付けてしまった場合にはしっかりと修理を行う必要があります。
実際に修理を行う時にどうやって修理すれば良いのか分からない・何が必要なのか不明・そもそもDIYで修理が行えるのかすら把握できていないというようにならないようにこの記事では雨樋を自分で修理したいと思っている方に向けて、修理方法について徹底解説していこうと思います。

是非参考にしてみてください。
屋根の軒樋確認
そもそも雨樋をDIYで修理することが可能なのか?

皆さんがまず気になっているのは雨樋ってそもそも自分の手で修理することが出来るのかどうかということだと思います。
雨樋にはDIYで修理することが出来るケースとそうではないケースが存在するので、それぞれどのような場合か説明していきます。

まず雨樋がDIYで修理可能な状態は自分の手が届く範囲の中で1,2か所が割れている場合です。
この場合であればDIYで雨樋を修理することが可能であると言えます。
ですが長い間紫外線に当たっており、それがひびの原因となっていた場合は割れている1,2か所を修理したところで他の部分で修理を再度行わなくてはいけなくなる時もあります。

次にDIYで雨樋の修理が行えない場合として挙げられるのは、高所である場合か複数箇所破損している部分がある場合となっています。
自分の手が届かないような高い場所であったり、何か所も破損してしまっている部分があるというような場合に限ってはDIYで修理を行うのではなく、業者に依頼して修理を行うようにしましょう。

雨樋をDIYで修理する方法について

コーキングでひびを埋める方法

一番簡単な方法として挙げられるのはコーキングでひび割れしている部分を埋める方法です。
小さなひびや傷を埋める際に有効な方法となっています。
まずはひびが入っている部分をマスキングテープで囲います。
そしてマスキングテープによって囲んでいる部分にコーキングを充てんします。
この際にコーキング材を出しすぎてしまうと雨樋内にコーキングが入ってしまい、水の流れが悪くなってしまう可能性があるので注意が必要になってきます。

次にヘラでコーキングをならしてひびを埋めていきます。
そしてマスキングテープを剥がして修理は完了となっています。
中途半端に乾いている状態でマスキングテープを剥がすのではなく、しっかりと乾いた状態になってから剥がすようにしましょう。

アルミテープで穴を塞ぐ

まずはタオルで簡単で良いので表面に付着している汚れを除去します。
そして汚れを除去出来たら割れている部分がしっかりと全部隠れるようにアルミテープを貼っていきます。
これでアルミテープを貼って穴を塞ぐ修理方法に関しては完了となっています。

一部分のみ交換する

しっかりと綺麗に完璧に修理を行いたいと考えている方は一部分のみ交換する方法を選択しましょう。
まず壊れている破損部分を取り外します。
雨樋が壁に固定されている金具を外して、雨樋を抜き取りましょう。
次に新しい樋を同じサイズになるようにカットします。

そして既存のつなぎ手に新品の雨樋をはめて、雨樋用接着剤によってしっかりと固定します。
最後に新しい樋と既存の堅樋を伸縮用つなぎ手によってつなぎます。
これで全ての作業は終了となっています。

雨樋の状態によって修理方法が異なってきますので、雨樋の状態をしっかりと把握してから修理を行うようにしましょう。




まとめ

軒樋を寸法取り
高所作業車で樋を確認
破損した樋
今回は【雨樋を自分で修理したい方必見】の修理方法について徹底解説してきました。
雨樋を自分で修理する際の方法として挙げられるのはコーキングでひびを埋める方法・アルミテープで穴を塞ぐ方法・一部分のみ交換する方法となっています。
とはいえ、屋根の作業は危険が伴いますので、原則は業者にお任せされることをお勧めします!

大津市以外の方でも樋や屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181