オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さま、屋根の雨漏り修理の方法について!屋根別解説


雨漏れしている物置内部
皆さんは屋根の雨漏り修理方法についてしっかりと把握していますでしょうか?
雨漏りを経験されたことがある方であれば把握していると思いますが、まだ雨漏りの経験がない方の中には修理方法や応急処置の方法について知らないといった方も多いと思います。

そこでこの記事ではそんな方に雨漏り修理の方法について、そして応急処置方法について知っていただくために解説していこうと思います。
雨漏りに関しては一刻を争う問題でもあるので雨漏りしてからあたふたしてしまうようではいけません。
そうならないためにもしっかりと応急処置方法と雨漏り修理方法について理解を深めておきましょう。
サッシ廻りから雨漏れ発生
雨漏りが起こってしまった際の応急処置方法について

もし雨漏りが起こってしまった場合は真っ先に応急処置を行う必要があります。
応急処置を行わずに放置してしまうと、どんどん劣化は進んで行ってしまい、他の場所にまで劣化が広がっていってしまいかねません。
そうならないためにも応急処置方法について理解しておきましょう。

防水テープを貼る

防水テープを貼る応急処置に関しては、屋根裏や窓サッシなどに有効な方法となっています。
防水テープとは一体どんなものなのかと言いますと、名前の通り防水機能を誇っている粘着テープとなっており、雨水が侵入している隙間に貼り付けて使用します。

クロスや天井の剥がれを修理する際は接着剤を使用

天井のクロスや壁紙が剥がれてしまっていたり、浮いてしまっている場合に関しては内装用の接着剤を使用することによって応急処置となります。

バケツで雨水をキャッチする

最も簡単な方法ではありますが、合理的な方法なのがバケツで落ちてくる雨水をキャッチする方法です。
天井から雨水が垂れてくるような場合は、雨漏りしている箇所の下に新聞紙などを敷いて、その上にバケツを設置します。
場k津の中には雑巾やタオルといった物を入れておくと、水が跳ねないので参考にしてみてください。

種類別の屋根の雨漏り修理方法について

補修状況
南蛮漆喰補修
棟しっくい補修
ここからは屋根の種類別に雨漏り修理方法について解説していこうと思います。

瓦屋根の雨漏り修理方法

まずは割れてしまっている瓦を外して、瓦本体の瓦の下に溜まっていたゴミや汚れを徹底的に掃除します。
その次に外した瓦を防水テープで補修して元々あった場所にはめ込みます。

それ以外にも割れた瓦をパテで接着して補修するという方法もあります。
その場合も上記と場合と同様にまずは割れてしまった瓦を取り外して、瓦と瓦の下に溜まっている汚れを清掃します。
次にパテを瓦に塗り込んで瓦の割れている部分をくっつけます
そしてガルバリウム鋼板を瓦本体を同じ大きさくらいにカットし、瓦のカーブに合わせて曲げます。
そしてその曲げたガルバリウム鋼板を瓦の裏側に当てて、元あった場所に戻して終了です。

スレート屋根の雨漏り修理方法

まずは高圧洗浄でスレート屋根の表面の汚れを落とします。
そしてひび割れが起こっている箇所にコーキングを行い、シーラーで下塗りを行います。
次にタスペーサーを設置し、中塗りを行います。
そして最後に仕上げ塗りを行うことによって、雨漏り修理は完了となっています。

災害による大きな故障に関しては業者に相談するように

ここまでで雨漏り修理方法について、そして応急処置方法について解説してきましたが、あくまで劣化の症状が軽い場合のみ行える方法となっています。
災害などで大きな傷を負ってしまった場合や、劣化が激しい場合などは部分的に修理を行うのではなく、全体の修理を行う必要が出てくるので業者に相談するのが得策です。


まとめ

淡路瓦浮き補修完了
瓦屋根
コロニアルグラッサ
スレート屋根
今回は屋根の雨漏り修理の方法について、そして応急処置方法についても解説してきました。
雨漏り修理方法に関しては、スレート屋根と瓦屋根によってそれぞれ修理方法が違うので、しっかりと区別して把握しておきましょう。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181