オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市のスレート屋根で雨漏りが心配な方へ


自分の住んでいる家の屋根がスレート屋根であるという方やこれから家を購入しようと考えている方の中でスレート屋根にしようと思っている方たくさんいらっしゃると思います。
そういった方の多くが雨漏りについて気になっているのではないでしょうか?
雨漏りしてしまったら大変だし、後悔するのは目に見えています。

そんなスレート屋根の雨漏りが心配な方に向けて、スレート屋根が雨漏りする原因について、そして雨漏りしないようにするための対策について解説していこうと思います。
原因について理解することによって、しっかりと対策を行うことが可能になってきます。
スレート屋根の雨漏りが心配で悩んでいる方は是非参考にしてみてください。
コロニアルグラッサ
スレート屋根が雨漏りしてしまう原因について

スレートの浮き

まず考えられるのはスレートが浮いてしまうことです。
スレート屋根の経年劣化に関しては約10年程度で始めると言われています。
劣化が始まってしまうと強風が吹いた際や少しの振動が加わることによって、少しずつではありますがスレート屋根がずれてしまったり、浮いてきてしまったりします。
そういったズレや浮いている部分から雨水が侵入してしまい、雨漏りへとつながってしまいかねません。

ひび割れ

スレート屋根は上記でもお話しした通り、使っていると劣化していきます。
そうすると次第にスレート屋根の防水性も低下していき、ひび割れが起こるようになってしまいます。
ひび割れが起こってしまうと割れ目に雨水が侵入してしまい、さらにひび割れが進行してしまいます。
そうなってしまうと下地を劣化させてしまうので、雨漏りを起こしてしまうのです。

コーキングの剥がれ

隙間を防ぐ役割を果たしているコーキングが劣化してしまうことによって剥がれてしまい、雨漏りに繋がってしまうことがあります。
コーキングが劣化してしまう原因として、経年劣化と地震や台風といった災害が挙げられます。
コーキングが剥がれてしまった部分から雨水が侵入してしまうのです。

棟板金の浮き

スレート屋根の頂点にあたる棟板金と呼ばれている部分の釘が浮いてしまったり、抜けてしまったりすることによって棟板金が浮いてしまう危険性があります。
浮いてしまった部分から雨水が侵入してしまい、雨漏りに繋がってしまうのです。

経年劣化

勿論ですがただの経年劣化が雨漏りの原因となってしまうことだって考えられます。
経年劣化が起こることによってスレートの塗膜が剥がれてしまったり、錆が出来てしまったりすることがあります。
このようにスレート屋根は次第に劣化していき、どんどん屋根の機能性が低下してしまいます。
そうなってしまうと雨漏りに繋がってしまう危険性があります。


スレート屋根の破損確認別アングル
スレートの台風被害
劣化したコロニアル屋根別アングル
スレートの経年劣化
割れ確認
スレートのひび割れ

対策方法!

ハシゴを掛けて調査開始
スレート屋根の雨漏り対策について

スレート屋根の雨漏りを防止する対策について紹介していきます。

定期的なメンテナンスを行う

スレート屋根の寿命は約20年とも言われています。
ですがこれは何のメンテナンスも行わないでこの年数となっています。
メンテナンスの最も有力な方法として挙げられるのは塗装となっています。

スレート屋根を使用し始めてから、10年も経つと劣化が始まるのでこのあたりでメンテナンスを行うのが時期としてはベストとなっています。
このようにメンテナンスを約10年を目安に行うことによって、スレート屋根はとても長持ちしますし、何より先ほど上記でお話ししたスレート屋根の雨漏りの原因になる劣化を早期の段階で見つけ出すことが出来ます。
メンテナンスを行うことが最も重要であり、最大の雨漏り対策なので皆さんもしっかりと定期的に行うようにしましょう。


まとめ

コロニアル撤去
今回はスレート屋根で雨漏りが心配な方必見!原因と対策について解説してきました。
雨漏りなんて経験したいと思っている方どこにもいないはずです。
雨漏りしてから後悔しても遅いです。
そのため雨漏りしないように、雨漏りの原因についてしっかりと理解し、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181