オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市にお住まいの皆さん、軒天の劣化症状について


2513461_s
軒天は軒の下にある天井のことで軒裏天井と呼ばれることがあります。
軒天には雨水から外壁を守ったり、目隠しをしたりするといった役割りがあります。
更に火災の際に炎症を防止する重要な役割りがあります。
ここでは軒天の劣化症状について紹介します。

軒天に発生する3つの劣化症状について

軒天には、塗装の色あせをはじめ、塗装の剥がれ、穴あき、シミ、カビについて紹介します。
軒天は紫外線が当たりづらいので、早期に色あせが発生することはまずありません。
ただ、経年劣化での色あせは発生するので注意が必要です。
軒天の色あせに対しては塗り替えを行うことで修理が可能です。
軒天には、不燃系のケイカル板やエクセルボードなどや木材系の合板ベニア板があります。
塗装の剥がれは合板によく発生しますが、塗料の耐用年数が過ぎていることが多いです。 
塗料はアクリル系なら6年程度、ウレタン系は8年程度、シリコン系は11年程度、フッ素系は18年程度の耐用年数となっています。
塗装に発生する色あせや剥がれを放置しておくと、軒天は腐食して穴あきが発生してしまうことがあります。 
軒天に穴があいてしまうと、鳥などの動物が侵入してしまうという問題が発生することになります。 
家に動物が住み着いて、糞をすると悪臭が漂うので、衛生的な問題は大きいです。 
また、動物が動き回ることで発生する音によって悩まされるといった被害もあります。

まとめ

軒天は色あせが発生した時点で、塗り替えを検討し、塗装の剥がれが発生する前に塗り替えを行う事が望ましいです。 
塗装の剥がれに気付かないで放置しておくと穴があいてしまうことがあります。 
屋根は、屋根材の劣化について注目されがちですが、軒天も劣化するので、専門業者の点検を受けて、早く塗装の色あせや剥がれを発見することが重要です。 

大津市以外でお住まいの方でも、屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181