オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、波板屋根の素材の特徴・修理方法について


皆さんは波板には一体どのような素材が使われているのか知っていますでしょうか。
波板の素材に関してはポリカ材・塩ビ材・アルミ材が主になっています。
今回はこれらの素材の特徴について、そして波板屋根の修理方法について伝授していこうと思います。
是非参考にしてみてください。

ポリカ波板
波板の素材のそれぞれの特徴について

塩ビ波板
塩ビ波板に関しては、塩化ビニルを材料として造られている波板となっており、費用がとても安価で抑えることが出来るのが特徴となっています。
ですがそういったメリットがある反面、強度面や耐久性に少し劣っており、強い負荷がかかってしまうとすぐに壊れてしまいます。
紫外線にもあまり強くないので、長期間使いたいと思っている方にはあまりおすすめ出来ません。

ポリカ材波板
ポリカ材波板はとても耐久性に優れているのが1番のメリットとして挙げることが出来ます。
紫外線を受け続けていても約10年の耐久性を誇っています。

アルミ材波板
アルミ材波板アルミを波状に加工して造られている物となっています。
金属製となっているので耐久性もとても高いのが特徴となっていますが、切り口から錆が発生することもあり、メンテナンスが頻繁に必要になってきます。
それに断熱性や防音性には優れていませんので注意が必要になってきます。

修理方法について

小規模な破損の場合にはテープや接着剤によって破損している場所を補強することで修理が出来ます。
隙間から雨漏りを起こしてしまっている場合には、コーキング材を使うことによって修理することも可能です。
大きな隙間が出来てしまっている場合には、自分で修理を行うのは辞めておきましょう。

まとめ

今回は波板屋根の素材の特徴・修理方法について徹底解説してきました。
波板屋根の素材には塩ビ波板・ポリカ波板・アルミ波板といった種類の物が存在しています。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181