オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市にお住まいの方へ、招き屋根のメリット・デメリット


そもそも皆さんは招き屋根とは一体どんな屋根になっているのか知っていますでしょうか。
もしかしたらこれから家を購入するといった方もいらっしゃると思います。
その際に屋根の種類について知っておかなければ、選ぶ選択肢が減ってしまうのでしっかりと招き屋根について把握しておく必要があります。

そこで招き屋根の特徴について・メリット・デメリットについてお話していこうと思います。
招き屋根
画像引用:街の屋根やさん伊賀・名張店
招き屋根とは?

そもそも招き屋根とは一体どのような屋根となっているのでしょうか。
招き屋根とは別名で差し掛け屋根とも呼ばれており、切妻屋根の片方の屋根面を伸ばした形状となっており、反対側の屋根面を短くしずらして段違いにした屋根のことを言います。
そんな招き屋根には様々なメリットが存在するのですが、その反面デメリットも存在するので紹介していこうと思います。

招き屋根のメリットについて

招き屋根のメリットとして挙げることが出来るのは、招き屋根に関しては屋根と屋根の間に壁を作ることが可能となっているので採光窓を取り付けることが可能となっています。
採光窓を取り付けることによってどのようなメリットがあるかと言いますと、天窓のような雨漏りが起こってしまう危険性を回避することが出来ます。
それに耐久性がとても高いです。

招き屋根のデメリットについて

招き屋根のデメリットとして挙げられるのは、招き屋根自体が雨漏りしやすいといった点です。
下側の屋根が壁から直接出てしまう形状となっていますので、この部分から雨漏りが起こってしまう危険性があります。
ですがこの部分の雨仕舞をしっかりと強化することによって雨漏りのリスクは確実に減らせるので心配ありません。

まとめ

今回は招き屋根のメリット・デメリットについて徹底解説してきました。
招き屋根は雨漏りを起こしやすいので、しっかりと雨仕舞を強化しましょう。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181