オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲の方必見、屋根の選び方について


3537015_s
住宅を新築する場合、屋根の形について悩む方がいるかもしれません。
屋根の形は住宅のイメージに影響することはご存じだと思いますが、それぞれの屋根には特徴があるため、選ぶ際に参考にしたほうがよいでしょう。
ここでは屋根の選び方や特徴について紹介します。

切妻屋根の特徴について

三角屋根と呼ばれことがある切妻屋根は、四角形の板を2つに折り曲げて家に被せたような形の屋根です。
切妻屋根は安く施工でき雪や雨に強い特徴があるので、広く普及している屋根です。 
太陽光発電システムの設置にも向いている屋根です。
ただ、デザインを重視している方にはあまりおすすめできません。

寄棟屋根の特徴について

三角形の板を2つ、台形の板を2つを組み合わせた寄棟屋根はよく使われています。 
切妻屋根に比べ複雑な形状なのでメンテナンス費用が高いことがあります。 
強風に強く、デザイン性が高い特徴もあります。

片流れ屋根について

屋根の片方だけに傾斜をつけた片流れ屋根は比較的安く施工できる屋根です。
太陽光発電システムが設置やすいメリットがありますが、雨仕舞がしっかり行われていないと、雨漏りが発生する可能性があります。

入母屋屋根の特徴について

アジアの古民家でよくみられる入母屋屋根は、切妻屋根と庇屋根を組み合わせた複雑な形状をしています。
趣があり、高級感が漂う屋根ではありますが、複雑な形状なので雨漏りがしやすいデメリットがあります。

招き屋根の特徴について

招き屋根は、片方の屋根を短く、片方の屋根を長くした屋根です。
屋根裏の空間を広くとれる上、強風に強い特徴があります。
太陽光発電システムを設置やすいメリットがありますが、雨仕舞がしっかり行われていないと、雨漏りが発生する可能性があります。

まとめ

屋根の選び方について紹介しました。
屋根の種類には、安く施工でき雪や雨に強い切妻屋根、強風に強くデザイン性が高い寄棟屋根、太陽光発電システムが設置やすい片流れ屋根、趣があり、高級感が漂う入母屋屋根、屋根裏の空間を広くとれる上、強風に強い招き屋根があります。  

野洲以外の方でも屋根の葺き替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181