オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市のみなさん、セメント瓦の塗り替えを行う際のポイントについて


1707556_s
現在ではセメント瓦はあまり見かけなくなりましたが、少し前まで住宅などによく使われていた屋根材です。  
セメントと川砂が主成分のセメント瓦は塗装されています。  
塗装が劣化すると、内部に水が浸透しセメントの成分であるカルシウムが流れ出し、僅かな衝撃でも割れてしまうことがあります。 

このように劣化が進む前に、塗り替えをおすすめします。 
ここではセメント瓦の塗り替えを行う際のポイントについて紹介します。

セメント瓦に発生する劣化の症状について

劣化の初期段階として、塗装のツヤがなくなり色あせといった症状があらわれます。
劣化の症状がすすむと、塗装が剥離した後、表面がざらざらになります。
雨水が浸透するとコケなどが発生することもあります。

セメント瓦を塗り替える際のポイントについて

セメント瓦を塗り替える際のポイントは高圧洗浄下地処理となっているので紹介します。
高圧洗浄でセメント瓦に発生したコケや汚れ、ゴミなどを除去します。 
高圧洗浄の中でも、バイオ洗浄を行う事で、コケや汚れ、ゴミをしっかり除去することが可能です。
セメント瓦はスレートと比較して、高圧洗浄の後、吸水力が強い傾向があります。  
そのため、シーラーでの下地処理が最低でも2~3回程度必要になり、吸水が無くなるまでしっかりシーラーを塗り続けます。 シーラーをしっかり塗る事で表面にツヤがでてくるのでわかります。  
下地処理が完了したら、上塗りを2回程度行い塗り替えは完了します。

まとめ

セメント瓦の塗り替えを行う際のポイントについて紹介しました。
塗装が剥離する前に、塗り替えをおすすめします。
バイオ洗浄で、コケや汚れ、ゴミをしっかり除去することが ポイントです。
下地処理では、吸水が無くなるまでしっかりシーラーを塗り続けるのがポイント。
屋根に上っての塗り替えは大変危険なので、専門業者に依頼して下さい。  

大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181