オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

垂木は重要!標準的なサイズがあるの?


00af5397e2c447de9f8ac91d879fa158_s
垂木(たるき)は屋根材などを支える重要な部材です。
垂木は屋根によってサイズや長さなどが異なるので紹介します。

垂木について

垂木は重要な部材となっており、しっかり取り付けられていないと屋根が凹凸になってしまい、まともな屋根に仕上がりません。
屋根面に歪が発生することで、野地板がしっかり取り付けられないため、台風などで強風に晒されると屋根が破損しやすいです。

垂木の標準的なサイズについて

垂木には、一般的なスレート屋根、瓦屋根、テラスに対して標準的なサイズがあり、次の通りです。  

・スレート屋根:幅4.5㎝×高さ6cm(軒の出が長いケース:幅4.5㎝×高さ7.5㎝)  
・瓦屋根:幅6㎝×高さ7.5cm(軒の出が長いケース:幅6㎝×高さ9~10.5㎝)  
・テラス:幅4.5㎝×高さ4.5cm(軒の出が長いケース:幅4.5㎝×高さ6㎝)  

瓦屋根はスレート屋根やテラス屋根より重いため、サイズが大きくなっています。 
また、一般的な屋根に比べ、軒の出が長い屋根もサイズが大きくなっています。
一方、垂木には通常3m、4m、6mの種類の長さがあります。 
屋根の寸法に合わせて、垂木をカットして、組み合わせます。

垂木はどこで売っているの?

購入は、いわゆる建材を手掛ける木材店以外に、ホームセンター等でも購入が可能です。
ただ、ホームセンターでは長さが4mまでの垂木しか販売していない傾向があり、より長い垂木は木材店で探します。

まとめ

垂木では屋根材などを支える重要な部材で、しっかり取り付けられていないと屋根が凹凸になってしまいます。
垂木には、一般的なスレート屋根、瓦屋根、テラスに対して標準的なサイズがあり、瓦屋根はスレート屋根やテラス屋根より重いため、大きくなっています。
垂木はホームセンター等でも購入が可能ですが、ホームセンターでは長さが4mまでの垂木しか販売していない傾向があり、より長い垂木は木材店で探します。  

屋根に困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181