オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ドローンで屋根を点検する際のデメリットとは?


drone-1765141_640
ドローンで屋根を点検すると、職人さんが屋根に上らなくてもすみます。
はしごや足場を使った点検の必要がなくなり、便利です。
一方、ドローンで屋根を点検するデメリットもあるので紹介します。

ドローンで屋根を点検する際のデメリットについて

ドローンで屋根を点検する際のデメリットとして法律や色々なルール、危険性があるので紹介します。
無人航空機に分類されるドローンを飛行させるためには法律や色々なルールがあり、点検する家の場所や条件によってはドローンを飛行できない場合があるので注意して下さい。 

殆どの業者は法律やルールを守ってドローンを飛行させています。
しかし、法律や色々なルールを無視してドローンを飛行させる業者もいるかもしれませんので、ドローンで屋根を点検してもらう際は、法律やルールが守られているかを確認して下さい。
ドローンの多くは手動で操作しながら、屋根を撮影するため、トラブルが発生する可能性はあります。
例えば、風によってドローンが落下する可能性は0ではありません。
また、操作ミスによって墜落した大型のドローンによって、屋根が傷付いてしまう可能はあります。

墜落した大型のドローンが人に当たって怪我をさせてしまうことも考えなければなりません。
もし、近所に住む人に怪我をさせてしまったら大変なことになります。

通常は、ドローンを使った屋根の検査を行う際は、近所の人に連絡をして注意を喚起する必要があります。
ドローンの飛行は紹介したような危険があり、信頼できる業者にお願いしましょう。

まとめ

ドローンで屋根を点検するデメリットもあるので紹介しました。
点検する家の場所や条件によってはドローンを飛行できない場合があるので、業者に確認する必要があります。

ドローンの多くは手動で操作しながら屋根を撮影するため、墜落によって屋根に傷が付いたり、人に怪我をさせたりする可能性があるので注意しなければなりません。

屋根のリフォームを考えている方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181