オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗装時の養生の大切さと注意点について!!


a76a8946b2ad148e7860a5bf64f1252e
養生とは屋根や外壁を塗装する際に塗装しない場所への塗料の飛び散りを防ぐ為に
マスキングテープや養生シート、ロールマスカー(ビニールとテープが一体になっているもの)
などを使用し塗装しない部分を覆う大事な工程です。
また、模様などをつけるためにマスキングする場合もあります。
養生に使用されるテープは塗装面以外の部分を傷めてしまわない様
粘着力の弱い物を使用します。
養生には粘着力の強いガムテープやセロテープが使用される事はありません。

養生で一番重要なマスキングテープ

c8e09642ffcb27d7f84b12f26489db54-simple
塗装を塗る境目になるのがマスキングテープを貼っている
部分です。すなわち塗った境目の綺麗さは
マスキングテープの貼り方次第になります。
綺麗に塗る事よりもマスキングテープの貼り方の方が
大事と言えるかもしれません。
塗装の境目が斜めになっていたり、ガタガタになっていたら
いやですよね??
マスキングテープを真っすぐ貼りテープの隙間が
出来ない様、密着させて空気を抜きます。
マスキングテープの上からマスカーなどを貼りつけていきます。

養生をする際に注意する場所

養生をする際に、注意しないといけない場所があります。
まず1つ目は換気扇や給気口です。
給排気設備を換気扇で覆ってしまうと空気を入れ替える事ができません。
実はそれが原因で、一酸化炭素中毒や異常着火などの事故が起きてしまうケースもあります。
ガスは目に見えない物なので気が付かぬまま事故に発展してしまう怖さがあります。
塗装後は必ず給排気設備に養生がされたままになっていないか等、きちんと確認しましょう。
また、塗装中はお風呂やガスの使用を少し我慢していただき塗装終了後に給気口などの
養生を剥がしてガスの使用をしましょう。

次に車の養生です。
外装の塗装をする際などに車への塗料の飛び散りをさけるため、車に養生をします。
しかし車の養生も長い間そのままにしてしまうと車の塗装の変色につながる事もあります。
車を買い替えたばかりであったり、気になる方は塗装中だけ近隣のコインパーキングなどに
止めるのも良いかもしれませんね。

最後に植木などの植物です。
植物も人間同様に呼吸をしています。
植物にずっと養生シートを被せたままにしていると植物が呼吸できず
サウナのような状態になってしまいます。
そうなると植物が枯れてしまったりする原因にもなります。
塗装が終わった際には速やかに養生を外してあげましょう。

まとめ

今回は外壁や屋根などの塗装の際に必ず行う工程の養生についてご紹介しました。
マスキングテープの重要性や、養生する際に気を付けなければいけない場所など
分かりましたね。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181