オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根は破損しやすい?補修はどうやってやるの?


f4d9a43b6efb4ee2297259e33eba0a1c_s-1
スレートは、見た目がよく色々なカラーが用意されているので人気の屋根材です。
スレート屋根は10年程度で塗り替えが必要だといわれていますが、場合によっては補修が必要なので紹介します。

スレート屋根は破損しやすい?

スレートの主成分はセメントと繊維となっていることが多く、軽いという特徴があります。
屋根は、重くなってしまうと住宅の耐震性が低下してしまうことは知られており、軽いスレートは屋根材としてはぴったりです。
ただ、スレートの多くは薄いので、経年劣化以外にも、飛来物が当たってしまうと破損してしまいます。

症状にもよりますが、スレートが破損したとしても、すぐに雨漏りが発生することはありません。
ただ、スレートが破損して、下に敷いてあるルーフィング(防水紙)が露出し劣化すると雨漏りが発生します。 
スレートの破損を放置しておくと、ルーフィングの補修もしなくてはならなくなり、大きな作業になります。

スレート屋根はどうやって補修するの?

スレート屋根の補修は症状によって異なるので紹介します。 
スレートが残っており一部分が破損している場合は、補修材やコーキングを充填した後にヘラなのでならします。
一方、スレートが剥がれており、広範囲の破損の場合は、スレートの張り替えによって補修します。
破損した部分のスレートをカッターなどで切り取って、新しいスレートに張り替えます。

スレートの破損を知るためには、屋根に上っての点検が必要ですが、高所作業となるので、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

まとめ

スレートの多くは薄いので、経年劣化以外にも、飛来物が当たってしまうと破損してしまいます。
スレートが破損して、ルーフィング(防水紙)が露出し劣化すると雨漏りが発生します。
スレートの補修では、補修材やコーキングを使ったり、スレートの張り替えを行います。

スレート屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181