オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ベランダやバルコニーから雨漏りする原因とは?


雨漏りというと全て屋根に原因があるみたいに思われがちですが、実はベランダやバルコニーから雨漏りが起こる可能性があることをご存知でしょうか。
放置してしまうと建物の劣化に繋がってしまうので、雨漏りを確認した場合はベランダやバルコニーも確認しましょう。


glass-2588016_1920-columns1
ベランダやバルコニーから雨漏りしてしまう原因について

ひび
ベランダの接続部分にひびが入ってしまったり、ベランダの防水層と外壁の接している部分が劣化してしまっていることが原因で雨漏りが起こる可能性があります。
接続部分の境目から水分が外壁に入り込んでしまうと、その下にある天井にシミやカビを発生させてしまいます。

防水層の経年劣化
ベランダに置いた防水層が経年劣化することによって雨漏りの原因になることがあります。
ベランダは紫外線や暴風などによってダメージを受けやすい部分でもあります。

排水口の詰まりや破損
排水口にゴミが溜まってしまい、それが原因となって水が溢れ、雨漏りの原因になってしまうこともあります。
泥や落ち葉・虫の死骸などがとても溜まりやすく、ゴミが詰まった上に雨水が溜まると排水口周りの隙間や亀裂などから水分が入り込んでしまう可能性もあります。

勾配異常
ベランダは雨水が入っても排水口に流れるように、少し勾配を付けて造られています。
ですがその勾配が緩すぎるとうまく雨水が排水されずに、溜まってしまうこともあります。
排水されないということは常に濡れている状態なので、防水層は劣化スピードが早まってしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

まとめ

今回はベランダやバルコニーから雨漏りする原因についてお話してきました。
ベランダやバルコニーから雨漏りする原因として挙げられるのは、接続部分のひび・防水層の経年劣化・排水口の詰まりや破損・勾配異常などが挙げられます。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181