オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ガルバリウム鋼板は縦葺きと横葺きどちらが良いの??


ガルバリウムとは『アルミニウム』と『亜鉛』から作られる『アルミ亜鉛合板めっき鋼鈑』です。
もちろん屋根材にも使用されますが、屋根だけでなく外壁などにも使用されていて
用途が多く存在します。
縦葺きと横葺きがあるので、どちらが良いのか??とお悩みの方も
少なくないと思います。今回はそんなお悩みを持った方に役立つよう
縦葺きと横葺きそれぞれの特徴やメリットについてご紹介します。
ぜひ、ご参考にしてみてください。

反対側も完了確認
こちらが縦葺きのガルバリウム鋼板屋根です。
縦葺きのメリットとしましてはどんな勾配(傾き)が小さくても雨水が綺麗に流れていくことです。
通常の瓦やコロニアル屋根の場合、勾配が小さいと水はけが悪く屋根が乾燥せずに
ジメジメとした環境が続いてしまいます。
するとコロニアル本体も傷みが生じて藻やコケが発生しさらに乾燥が遅くなります。
しかしガルバリウム鋼板の縦葺きは勾配が小さくても水を弾き、綺麗に流れていくことで
勾配の少ない家でも傷みにくく雨漏れ発生の確立を低減させる事ができます。
葺き替え工事をする際に勾配が少ないお宅に住まわれている方などにオススメです。
a7cbbdfab741639d0d9561598867d03d
つづいて、こちらが横葺きのガルバリウム鋼板屋根になります。
横葺きの場合は水が流れていく際に段差が発生するので、縦葺きほど水はけは良くありませんが
コロニアルなどよりは綺麗に水が流れていきます。
基本的に横葺きはカバー工法の際にコロニアルの形に合わせてガルバリウム鋼板を施していきます。

金属屋根は雨音が気になるのではないか?などと思われる方もいらっしゃると思いますが
現在は雨音が気にならない為の工夫もたくさんありますのでご安心ください。

まとめ

今回はガルバリウム鋼板屋根の縦葺き、横葺きについての特徴やメリットを
ご紹介させて頂きました。葺き替え等をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181