オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

勾配天井がある家のメリットについて徹底解説


勾配天井とは?

そもそも勾配天井って何?と思う方が多いと思います。
まず勾配というのは角度が付いていることを表しており、なので勾配天井というのは角度のある天井という意味になります。
天井と床が水平になっている部屋と比べると雰囲気はガラリと変わり、屋根裏のデットスペースを有効活用することも出来るので、近年では勾配天井を採用している家も増えています。

勾配天井はどこに取り入れるべき?

勾配天井をどこに取り入れたら良いのか悩んでいるという方もいらっしゃると思います。
住宅の構造にもよりますが、勾配天井を取り入れることが出来るのは、基本的には屋根と直結している部屋になります。
2階がある場合だと1階の部屋に勾配天井を取り入れるのは困難で、余計にデットスペースを作ってしまいます。

なので屋根と直結している部屋が、最も勾配天井を取り入れるのにふさわしいと考えます。

house-3966469_1920-columns1
勾配天井のメリットについて

開放感を得ることが出来る
勾配天井最大の魅力は部屋に開放感を与えることが出来るということです。
同じ広さの部屋でも天井の高い部屋の方が広く感じると思います。

部屋の臭いがこもりにくい
高い位置に取り付けた窓を開けることによって通気性がとても良くなります。
風がしっかりと抜けてくれるので、臭いがこもることもないでしょう。

照明が無くても部屋が明るくなる
高い位置に窓を取る付けることが可能になるので、照明も最小限で済みます。
昼は太陽に光を沢山部屋の中に入れることが出来るので、省エネにも繋がるので一石二鳥です。

まとめ

今回は勾配天井がある家のメリットについて徹底解説してきました。
勾配天井のメリットは、開放感を得ることが出来る・部屋に臭いがこもらない・照明がなくても部屋が明るいので省エネに繋がるといったことが挙げられます。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181