オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

フッ素塗料とは?メリットやデメリットとは


paint-4191399_640
屋根の経時劣化に伴い塗り替えを考えた場合、フッ素塗料という塗料を使う選択肢があります。
フッ素塗料に配合されているフッ素は、焦げ付き防止のためにフライパンやアイロンなど日常用品にもよく使われています。
フッ素塗料を選択する前に他の塗料と比較してメリットやデメリットを考えて、決めたほうがよいので紹介します。

フッ素塗料にはどんなメリットがあるの?

フッ素塗料は汚れを弾いたり、酸性雨に強かったりする特徴があります。
更に、汚れが滑り落ちやすかったり、紫外線に強かったりします。
炭素とフッ素は強く結合しているため、紫外線が当たることによる劣化が遅く、耐用年数は約15~20年程度です。

他の塗料と比較して耐用年数が長いので、頻繁な塗替えができない大型施設などに使われています。
フッ素塗料は防カビ性と防藻性といった機能があるので、日陰になることが多かったり、湿気が多かったりする場合、安心です。
水性のフッ素塗料は、施工し易く塗りやすい上、仕上がった屋根にはツヤがありピカピカで綺麗です。

フッ素塗料にはどんなデメリットがあるの?

フッ素塗料の塗膜は、他の塗料に比べてとても固いので、横方向に伸びる力が弱く、屋根材がひび割れてしまうと塗膜も割れてしまうことがあります。
一方、フッ素塗料は通常のシリコン塗料と比較しても3倍程度の価格となっており、塗り替え費用も高くなってしまうデメリットがあります。
フッ素塗料はツヤありしかないので、ツヤありとツヤなしが選べないというデメリットもあります。

まとめ

フッ素塗料には、汚れを弾くことが以外にも沢山メリットがあり、特に耐用年数は約15~20年程度もあり長いです。
一方、屋根材がひび割れてしまうと塗膜も割れてしまうことや価格が高いといったデメリットもあります。
フッ素塗料を選択する前に紹介したメリットやデメリットを参考にして決めて頂きたいです。

屋根の塗り替えを考えている方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181