オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

エコグラーニとはどんな屋根材なの?メリットやデメリットなどを紹介!


1f84b21e2eec851d6e32d3e3e7eea75c_s-1
直線的でオーソドックスなデザインを施したエコグラーニは比較的新しい屋根材です。 
カラーバリエーションはツィードグレー、カフェ、エバーグリーン、オニキスがあり、凸凹した表面です。 
エコグラーニのメリットデメリットを紹介します。

エコグラーニのメリットについて

エコグラーニは、ジンカリウム鋼板を使っており、表面に天然の石粒がコーティングされています。
ジンカリウム鋼板には、約55%のアルミニウムが含まれているので、優れた耐久性や耐食性を発揮するメリットがあります。
ジンカリウム鋼板とお馴染みのガルバリウム鋼板はほぼ同じものといいでしょう。

エコグラーニは、トタンと比較して4倍程度の耐久性があるといわれ、天然の石粒を使うことで美しい発色が継続するので、長期間塗り替える必要がありません。
重量はとても軽く5.8kg/㎡となっており、建物への耐震性を向上させることに寄与しています。

天然の石粒にある凸凹によって雨音が響きづらくなっているので、雨音が気になる方でも安心。
耐用年数は約50年あるといわれ、保証は30年もあることで、安心してエコグラーニを屋根材として使えます。

エコグラーニのデメリットについて

多くの金属屋根に断熱材が裏打ちされていますが、エコグラーニには断熱材は使われていませんので、断熱効果と遮音性能についてはあまり期待できないように感じられます。

エコグラーニはアメリカやニュージーランドなどからの輸入品であるため、価格や在庫に対しての不安が全くないとはいえません。
更に表面から、天然の石粒がボロボロと剥離してしまうデメリットもあります。

まとめ

エコグラーニのメリットやデメリットを紹介しました。
エコグラーニには、軽く優れた耐久性や耐食性を発揮する上、雨音が響きづらいといったメリットがあります。
耐用年数は約50年あるといわれ、保証も30年もあります。
エコグラーニには断熱材は使われていないため、断熱効果と遮音性能についてはあまり期待できない上、価格や在庫に対しての不安が全くないとはいえません。 

エコグラーニに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181